後悔先に立たず~うつ状態のワタクシ/枯葉

 

はァ。木曜日にブログを書いてから思いっきりうつ状態になったワタクシ。

それでも金曜日はテレワークでの仕事もありますし、14:30から精神障害等級3級の人々を扱う社会福祉団体への外勤もありました。なのでNHKおはよう日本』での中山果奈アナのダジャレといたずらっ子の様な表情や桑子真帆アナのカンフーもどきの動きに笑い、支えられ、頑張りました。

けど、土・日は休み。そうなるとズドーンと落ちてしまいました。

今日は仕事。月・火は全員出勤日なので、外勤を終えた私、外勤先から頂いたクッキーを食べながらこれを書いています。あ、お茶。

とは言え、まだまだうつ状態なのですが

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20201026131621j:plain

 

森下絵理香アナの「ワンだふる」なダジャレと笑顔

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20201026131737j:plain

 

桑子真帆アナの美に支えられ

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20201026131826j:plain

 

まほりんの「洗濯機がぐるぐる回っているのを見るのが好き。子どもの頃からよく見ていた」発言に、そうだよ、そうだよ! まほりん! となって仕事ができています。

それで朝、幼い私がぐるぐる回る洗濯機を見ている写真が見つからず(あったはず)、時間がないこともあって

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20201026133549j:plain

 

父とのこんな写真を意味なく写メで撮った私。初の顔出し。3歳5ヶ月の私。この頃はまだ鼻ぺちゃでした。これは宮城県の松島に行った時の写真。本当に意味がありません。アタマが壊れています。しかし、こんな素直で頭の良いお利口さんな私が毒舌で武闘派に育ってしまうのですから、人間、わかりません。

ですが翌年に

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20201026135131j:plain

 (まだチビでした)

 

梶原一騎先生の『柔道一直線』と主人公・一条直也に感化され、また父の強引な後押しの為に街の柔道道場に一時期入った時の写真。え? 辞めた理由? 理由は二つあります。先ず、私は受け身を難なく覚え、翌年には一本背負い、背負い投げ、体落とし等々の技を難なく駆使できたのですが、乱取りで二歳年上の今泉という者を背負い投げで投げたのはいいのですが、ドン臭い今泉、怪我をして大騒ぎに。次にその年に

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20201026140206j:plain

 

仮面ライダー旧1号をテレビで見て憧れて。ほら、ライダー・パンチ、ライダー・チョップ、ライダー・キック。空手じゃないですか。空手をしたくなって。そうしたら父は「剣道をしろ」の一点張り。ふて腐れた私は野球少年、サッカー少年に。

でも、街の柔道道場の先生(師範)が言うには「将来はオリンピック選手」と言い、辞めるのを止めたのですが、オリンピック選手? うっそでー。

 

 

***************************************

 

 

私が木曜日にブログを書いてからうつモードに入った理由。

 

それは芦原英幸師範との組手を思い出して。

 

なるほど、顔面パンチを何度も喰らい口の中5カ所を縫ったのは当たり前。当時の極真空手は顔面なしが蔓延っていたが、それでも顔に突きが入るのは日常茶飯事。それで顔面パンチについては「喰らった方が悪い」という風潮にあった。だから顔面パンチを何度も喰らって口の中を縫うのは当然だ。

しかし、身体の全身打撲。整形外科クリニックの医師が「身体がまともに動くのに一週間」と言い、入院先の病院への紹介状を書かれたが、それを無視しアパートに帰った私。不思議なことに二日後には何不自由なく身体が動いたのだから。

これは一重に芦原師範の神業的な手加減の賜物だったのだ。

なのに、芦原師範との組手にビビッてしまい芦原会館への入門をやめてしまったこと。これを大いに後悔し、うつ状態に陥ってしまった。

 

情けない。

 

あと、思うところがある。

それは芦原会館、東京支部長のNだ。入門して組手でNを徹底的にのばしてしまえば良かったのだ。

 

芦原英幸筋萎縮性側索硬化症の症状が現れてから、芦原会館の「二代目選び」が水面下で始まった。

芦原の一番弟子で極真の全日本チャンピオンにもなった

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20201026145939j:plain

 

二宮城光は1987年か88年にアメリカのデンバーで道場を開いていたのだが、離婚の為に急に多額の金が必要になり、それが元で芦原との間に亀裂が入り芦原会館を脱会していた。二宮がもしも芦原会館にいれば、二代目館長は二宮で、三代目館長は芦原の息子の英典と言う路線が出来た。だが、その二宮がいない。

 

そうなると誰か他の実力者を二代目にして、ゆくゆくは三代目に英典、と言う構図でなくてはならない。そうでもしないと芦原空手の「サバキ」をキチンと継承できず、また芦原空手自体の強さもおぼつかなくなる。芦原の息子の英典は少年部で顎を出し、逃げ出したという『空手に向かない者』。容易ならざる事態だ。

 

それで当初は大阪を束ねていた実力者である松本英樹を二代目に推す声が出ていた。

ところが或る「芦原英幸を書いた本」で、芦原が英典を二代目にしたいが為に松本道場の経理の不明点を挙げて松本を追い出したとなっていた。

これは事実と異なる。芦原の妻のマスミと英典が二代目を望んで周囲の「英典・二代目」切望者を含めた上での奸計で松本英樹を追放したのだ。

 

そうなると他に実力者となると八幡浜時代からの古参弟子である中本憲義しかいない。ところが中本は表にでようとしなかった。おそらく中本はマスミの性格を知っていたから芦原家と距離をとっていたと思われる。

 

「サバキ」は複雑な技術体系であることから、存外に実力者がいなかったのだ。

松本、中本ほどの強者でなくても、「それなりの」実力者が追放された。

 

そして「二代目・英典」が決定的となった。

 

芦原の死後に中本憲義も芦原会館を追われた。英典の盤石体制だ。少年部で顎を出して逃げた「空手がまるでできない」少年・英典の二代目盤石体制が敷かれたのだ。

 

その結果、芦原会館はどうなったか。完全に形骸化した。

 

この「二代目・英典」を早くから推し、芦原家に上手く取り入って現在まで安泰としているのが東京支部長のNだ。

 

くそ。そうなるならなるで構わない。入門してNを徹底的に倒しておくべきだった。

 

このド田舎の直接打撃制・空手団体(流派)の支部道場たるや余りにも奇怪だ。

「極真」を名乗る4つの「極真」の支部があり、芦原会館支部もある。

私は2014年に芦原会館支部道場を見学したが、もうまともなサバキも何もなく、たーだ弱いだけの空手に終始している。柔道二段の者と喧嘩しようものならば完璧に負けるであろう弱い空手。情けない。

 

昔、大山倍達総裁が「極真は大山一代限り」と語ったが、その後の後継者指名に大山倍達はズッコケたが(笑)、それでも盧山初雄館長の極真館緑健児代表の新極真会があるだけまだいい。

 

だが、芦原会館芦原英幸一代」で終わってしまった。

 

それ故にうつモード。

 

あと極真館新極真会を除いては極真の名を捨てろっ!

 

 

***************************************

 

 

いや帰宅途中に気がついたのですが「枯葉」の季節。枯葉。

 

www.youtube.com

 

上はマイルス・デイヴィスキャノンボール・アダレイの共演で名高い『枯葉』。

 

www.youtube.com

 

上はビル・エヴァンスの名演で有名な『枯葉』。

 

www.youtube.com

 

これは21世紀早々に「歌が上手い」とオーディオ愛好家間で有名なった歌手、ジャシンタの『枯葉』。

 

皆さんのお気に入りの『枯葉』はありましたか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神さん・あのNがゆるせねー・ラブ。