どうなる、娘とバカ息子の恋

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813093051j:plain

(出典、8/11、NHK『ニュースきょう一日』)

 

(*^―^) ・・・・・・。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813093259j:plain

(出典、8/12、NHK『ニュースきょう一日』)

 

(*^―^) ・・・・・・。

 

8/11のアサヒスト・サービスも嬉しいですが、昨夜の出で立ちも素敵です。あ、ちゃんとニュースを聴いていますよ、ワタクシ。

 

ところで去る8/6(木)と8/11(火)に事件が。

それは、これ。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813094715j:plain

(出典、8/6、NHK『NW9』)

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813094841j:plain

(出典、8/11、NHK『NW9』)

 

神さんの首都圏の友人たちの夫にワクマユアンが多数いることはだいぶ前に書きましたが、その両日、番組終了後に神さんの電話が鳴る、鳴る。妻君たちが夫の声を代弁していたそうです。勿論、私の友人たちにもワクマユアンがいる訳で、電話をかけてきて、わくまゆ愛を熱心に説いていました。

いや、私も神さんもこの両日の和久田麻由子アナにはぶっ飛んでしまい

 

ニュースが耳に入りませんでした。

 

意外に罪な側面を有していたものです、わくまゆさん。

 

本当はここで『女性はメタモルフォーゼがお好き』と題し、筆をとりたいところですが、また今度。

 

ただ

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813102720j:plain

(出典、8/13、NHKおはよう日本』)

 

今朝の桑子真帆アナ、「なんかいつもと違うな」と思ったのは私たち一家(娘と愚息を含む)だけでしょうか。やけに可愛らしく癒し系になっており、いつものビタミン系でないように感じられ、少々不安になりました。

でも、今朝、まほりんに「熱中症に注意」を促され

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813103405j:plain

(出典、8/11、NHK『ニュース7』)

 

火曜日には上原光紀アナから「熱中症注意」を呼びかけられましたので、皆さん、熱中症に注意しましょう。

そうそう。青井キャスターがこの平日に登場。良かったです。瀧川アナが夏休みだったのですね。

 

でも

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813104450j:plain

(出典、8/13、NHKおはよう日本』)

 

この中山果奈アナはすごい。おどけても、それがぴったり様になり(絵になり)、スタジオやカメラで浮くことなく、視聴者のリビング/お茶の間にすっと入ってくるのですから。こうした資質を有する女子アナってNHKはおろか民放・フリーにもいません。稀有な存在です。NHKはすごい女子アナを有したものです。

そうそう。『おは日』の場合、6:00台の放送で5:00担当の中山アナと森下絵理香アナが一部、ニュース・リーダーを担当しますが、この部分でもお二人とも上手いと思います。

 

 

***************************************

 

 

ところでウチの娘と愚息は何のためらいもなく帰省しました。大好きなおバアちゃん(私の母)の新盆ですから当然と言えば当然です。

ただ私と神さんが不安に思ったのは新コロなどではなく

 

また愚息が失恋して帰ってくるのでは?

 

と言うことでした。昨日、帰ってきました。

 

二人とも母の最期と葬儀、四十九日法要にも帰省しましたが、当然のこと忙しいし、悲しいので、二人の恋バナなど聞きもしませんでした。

 

そうしたら娘も愚息も新たな恋の真っ直中。いや、それが成就せねば失恋につながるのですけど。

 

私を見てみィッ! NHK女子アナで今、現役でテレビカメラの前に立っている人で

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813110354j:plain

 

塚原愛アナを筆頭に首藤奈知子アナ(現在、地方局勤務)、鎌倉千秋アナ、守本奈実アナ、松村正代アナ、廣瀬智美アナ、上條倫子アナ、小郷知子アナ、他etc・・・・・・に失恋する度に地の底から立ち上がって、より強く逞しくなってきているではないか。いや、井上あさひアナの場合、指輪騒動があって、それが免疫になっていたから絶体絶命の難を逃れたが。

 

どうにも頼りないのよ、バカ息子!

 

昨日は夕食を外食で親子四人で済ませたのだが、その席上で、娘、愚息が新たな恋をしている、と。

そして娘のスマホの中の写真を見ると

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813112219j:plain

 

上画像のジミー・ペイジを短髪にした感じの男が。何でも娘によるとジミー・ペイジに似ていることが惚れた理由らしい。

「既婚者だったりして」と私が意地悪く言うと娘はしっかりガードをしてお相手の背景を調べ上げたそう。ただ、まだ両想いになってはいないらしい。職業は公認会計士。でもねェ、私と神さん、娘については行かず後家になることを覚悟しているのですが。

 

問題はバカ息子!

 

「い、いや、まだ俺も両想いになっていないんだよ」と言う愚息のスマホの写真を強引に開かせた

 

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200813120102j:plain

 

和久田麻由子アナ?!」と同時に私と神さん。

 

ただ似ているだけでした、当然のこと。職業は某外資系企業でのバリキャリ。

ですが、愚息にとっては茨の道でしょう。バカ息子、客観的に見てイケているのですが、私同様に

もはや社会的に必要とされていない昭和のイケメン

なのです。神さんがそう切り出したのですから間違いないでしょう。愚息は中学生になるや否やモテだしたのですが、女の子と付き合っても悲恋に終わってばかりの大きな理由として「昭和の顔立ちにあるのでは?」と神さんが言いました。

そうなると一番無難なのは恋するお相手女性も昭和風情であることですが、まさか愚息の同世代女性に昭和を求めるのは無理というもの。

 

ただジミー・ペイジ似の娘の恋心のお相手も昭和のイケメンですが、こっちの方が有望だとして、娘は固すぎる。固すぎるのです。

 

なーんかなー。子どもというものは親にとって心配の種。早く身を固めて安心させてほしいものですが、こればかりは。

 

はい。おジイちゃん、おバアちゃんのお墓掃除、ご苦労様。今まで姉弟で墓掃除に行っていました。

 

 

 

 

 

 

神さん・二人ともどうなることやら・ラブ。