NHK『ライブ・エール』、素晴らしかった!/ショックだ・・・・・・

 

昨日、NHKで『ライブ・エール』が放送されました

昨日は待望のスピーカーの納入日だったのです。山形県から来ました。

ところが思わぬところで道路工事があり、その為渋滞に遭い、我が家への到着時刻が遅れるという連絡が入りました。それで私は『ニュース7』と『20:45のニュース』『ライブ・エール1部』『同2部』の予約録画を設定しました。

それから無事に

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809115657j:plain

 

導入されました。ウエスタン・エレクトリック(以下、WE)の復刻版なのですが、完全な復刻版ではなく、スモール版。本物の復刻版の導入となると、新たに土地を買いデカイ家を建てる必要があります。まだまだ、そこまでは行けません。それでも受注生産なところに私が社長にいくつかの注文をつけましたので生産が遅れ、昨日、やっと導入の運びとなった次第。あ、金額ははしたないから書きませんよ。とは言え、スモール版ながらWEなのでバカ高いです。

 

そんなこんなでパタパタと。

この間、神さんはジャズ・ピアノの猛練習。

 

ただ『ニュース7』をライブでちらちら見たのですが青井アナの姿がなく

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809120608j:plain

 

かなりん(中山果奈アナ)の姿が。(青井アナも家族間で新コロ疑いが出たのか?)と思いました。

『NW9』で有馬キャスターが2日休みましたが私は(有馬さんの家族間で新コロ疑いが出たな。でも全員陰性で大事には至らないだろう)と思ったのです。

結果、有馬キャスターは去る金曜日に復活し、本人も家族も陰性だったとのこと。

新コロ、市中感染どころか家庭内感染が凄いので、いよいよNHKも局アナや様々なスタッフに危機的状況が訪れて不思議ではありません。青井アナの無事を祈ります。

 

それでメーカーの人とスピーカーの音の調整を簡単に済ませ、その人が帰って、私が腰を落ち着かせたのって・・・・・・あ、『ライブ・エール1部』で磐城高校のブラス部(だよね)と何かのコラボのとこから。1部が終わり、20:45分のニュース(池田伸子アナ)を見て、録画していた1部で、その磐城高校ブラス部をもう一度見ようとした

録画されていませんでした。私はしっかり『予約確認』を見て「大丈夫」としたのです。やはりブルーレイデッキ、半分壊れています。早いとこハードディスク内の録画物のコピーをしなきゃ。

 

それから『ライブ・エール2部』。司会は

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809124043j:plain

 

まほりん(桑子真帆アナ)と内村光良

 

そして

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809125135j:plain

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809125155j:plain

(出典、8/8、NHK『ライブ・エール』)

 

GReeeeNの『星影のエール』。

 

実は近日中に地元のいくつものライブ・ハウスのクラウドでの資金集め手助けの為のライブ・エイドを行うのですが(配信ライブ)、きんどーさんからとんでもない命令を下されたのです。

それは、私と神さんの共演でジャズを演(や)ると言うもの。曲はジョン・コルトレーンで有名な『マイ・フェイバリット・シングス』(ジャズ・ギタリストのグラント・グリーンジョー・パスもカバー)と一昨日紹介したパット・メセニーの『Are You Going With Me?』。

それを去る7月頭から練習しています。小旅行期間中はサボリましたが。しかし、ドラマーには嘗てきんどーさんのレッド・ツェッペリン・カバーバンドで活躍していたアメリカ人。ジャズ・ドラムを完璧に修得しています。その人、今は東北大学の准教授。ビビりますね、アタシゃ。そこに神さんだもの。

ただ神さんとの話で普通に『マイ・フェイバリット・シングス』と『Are You Going With Me?』をプレイしても何なので、前者ではブレイクをもうけ『星影のエール』を織り込み、後者では同様にいきものがかりの『YELL』を織り込もうと言う作戦に出ることにしたのです。

 

ところでギターは

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809131406j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809131902j:plain

 

どっちにしよ。きんどーさんから軽い歪みをかけろ、と言われていますので。

 

そうしたら

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809132526j:plain

(出典、同上)

 

いきものがかりが出て『YELL』を。

いや『ライブ・エール』の出演者、ユーミンGReeeeN以外は知りませんでしたから。

しかし、ピアノ、超初心者の内村光良、頑張ったわ。しかもピアノはスタインウェイ

 

また、エレファントカシマシ宮本浩次が出ましたが、先日の『おは日』

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809133347j:plain

(出典、同上)(まほりん、肌露出)

 

は、この為だったのね。

 

また

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809134022j:plain

(出典、同上)

 

永遠の不良少女、ユーミンも年を取りましたが、やはりユーミンユーミン

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809134551j:plain

(出典、同上)

 

トリはMISIA

この人、今ではJAPANソウルの女王ですが、デビューしてからいつまでかは(笑)クラブ・ミュージックでしたよね。それがいつからかソウル・ミュージックになって。

山下達郎と違ってソウルの並行輸入と悪くは言いません、私は(笑)。だって、MISIAのお陰で日本でもソウル・ミュージックが広まったのですから。MISIA経由でアレサ・フランクリンオーティス・レディングダニー・ハサウェイ、スティヴィー・ワンダー、マービン・ゲイ等々を聴く若者が増えたのですから。前に書いた様にソウルも聴けば、レッド・ツェッペリンをより深く理解できますので。

 

ともかく『ライブ・エール』、素晴らしかったです。

 

15:35追記

 

ショックだ・・・・・・。この東北で。青森市でこんな心ないことが。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200809153020j:plain

 

青森市の人なら解っているであろうに。

明治時代初期に会津藩士たちが斗南藩に流され、辛酸をなめ、その後、東北全体が明治政府の差別の対象にされたことから「差別はよくない」という気風が育ったことを。

 

 

 

 

 

 

 

神さん・ダニー・ハサウェイでも聴く? WEで・ラブ。