JAZZ初心者の為のオススメ入門曲

 

今朝のNHKおはよう日本』で、エレファントカシマシ宮本浩次くん

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200807185939j:plain

(出典、8/7、NHKおはよう日本』)

 

が取り上げられて嬉しくなりました。インタビュアーは勿論

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200807190044j:plain

(出典、同上)

 

我らが桑子真帆アナ。

 

確かエレファントカシマシが雑誌『ロッキンオン・JAPAN』で編集長を務めていた渋谷陽一に絶賛されてデビューを飾ったのは1988年だったと思います。ボーカルの宮本浩次くんは私の1つ年下なのですが、私は彼が書いた曲に新鮮な驚きを覚えました。物凄く素直な歌詞なのですが、「わび・さび」がさり気なくちりばめられ、心にスッと入ってきて、これまた素直な歌メロに見事にフィットしていることに感心しました。彼以上にそうした力を有する日本のロックソング・ライター(変な言葉だな)って、故・忌野清志郎仲井戸麗市さんだけではないかと思うくらいに私は高評価をしています。

 

嬉しかったな、宮本くんがNHKの報道番組の取材対象になって。

 

 

***************************************

 

 

7/25に書いた記事以来、レッド・ツェッペリンのファンの女性たちから

「ジャズを聴いてみたけど、よく解らなくて困っています」

と言うメールを多数頂きました。

 

今日は『JAZZ初心者の為のオススメ入門曲』と題して、筆をとりたいと思います。

 

いや、私がジャズを聴き始めたのは中学2年の時ですが、ジャズの理屈なんて全然知りませんでした。カッコイイかそうじゃないか、ただそれだけ。クラシックだってカッコイイかそうじゃないか、それで入りましたから。指揮者なら「クライバー、カッコイイ!」「チェリビダッケもカッケー!」「カラヤンもカッコイイ」というミーハーなノリで入りました。ジャズもそれで良いと思います。

ただ私の時代ですとフュージョン・ブームの真っ直中でしたので、フュージョンからジャズに入ることが出来たと言うラッキーさがありました。

 

でも、音楽って何のかんの言って最初は「カッケー!」じゃないですか。

 

けど、ジャズっていろいろな理由から、最初はビギナー向けの『整理づけ』が成された方が良いです。

 

そこで、超簡単なジャズの歴史を概略で。通な人はツッコミなしでお願いします(笑)。

 

ニューオーリンズ・ジャズ 00年代~

ディキシーランド・ジャズ ~20年代

※スウィング        30年代

※ビバッブ         40年代

※クール          40年代末~

※ウエストコースト・ジャズ ~50年代

※ハードバッブ       50年代

フリー・ジャズ      60年代

フュージョン       60年代末~80年代半ば

新伝承派         80年代~

※現代           90年代~

 

となります。

 

そこで、ウエストコースト・ジャズなら、その巨匠であるピアノのデイブ・ブルーベックとサックスのポール・ディスモンドが有名で、二人が共演した曲が

『Take Five』。

 

www.youtube.com

 

聴いたことがある方も多いのではないでしょうか。家飲みにはぴったりじゃないでしょうか。

 

ジャズには素敵なメロの曲もありますよ。ハードバッブからジャッキー・マクリーンで有名な(作曲はウディ・ショウというトランペッター)

『Sweet Love of Mine』。

 

www.youtube.com

 

え? あんまり素敵じゃない?(汗) では、こうなると素敵ではありませんか?

 

www.youtube.com

 

どうでしょうか。クラシックが指揮者やピアニストが違えば曲そのものが変わる(大袈裟か)ように、ジャズもそうなるのです。これなら家飲みにぴったりではないですか。

 

次に、モード・ジャズについて数名の方からお尋ねがあったのですが、モード・ジャズとは帝王、マイルス・デイヴィスが生み出したジャズの潮流です。上の概略年表で言えば、50年代末から形を変えて今日まで続いています。

モード(旋法)はコードではなく、音階に沿いアドリブします。

 

代表はマイルス・デイヴィスの『So What』。

 

www.youtube.com

 

ちょっと、とっつきにくいでしょうか。

 

他に

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200807201958j:plain

 

ハービー・ハンコックの『処女航海』

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200807202223j:plain

 

マッコイ・タイナーの『The Real MacCoy』

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200807202510j:plain

 

ジョン・コルトレーンの『至上の愛』(ちょっと難解かな)がありますので聴いてみて下さいね。

因みに、このモード奏法とレッド・ツェッペリンには大きな関係があるのですが、機会があったら書きますね。

 

あと、ジャズ・ギターについてのお問い合わせも多かったのですが

 

www.youtube.com

 

パット・メセニーの『ブライトサイズ・ライフ』。新伝承派に分類されるギタリスト。神です。

 

www.youtube.com

 

これもパット・メセニーで『Are You Going With Me?』。これも立派なジャズなんですよ。

 

え? ジャズにはコーヒー? OKです。コーヒーを夜に飲んで眠れなくなる方は、適度な寝酒を飲んで下さいね。

 

肩肘張らずにジャズに親しんで頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

神さん・コーヒー煎れる?・ラブ。