エリック・クラプトンからCOVID-19徒然

 

7/14(火)にオフィスで私は『1989(平成元)年までローリング・ストーンズ、日本では人気がなかった』の話をした後で、『1991(平成3)年までエリック・クラプトン、日本ではさして人気がなかった』の話をし、今日は後者について書こうと思ったのだが、クラプトンについて前に書いた内容と重複する箇所が多いのでやめる。

 

でもねー。1992(平成4)年にエリック・クラプトンの『アンプラグド』、ミリオンセールスを記録し一躍クラプトン・ブーム。だが、ブームと言うものは訳の分からない人間を増やす

翌1993(平成5)年のクラプトン来日公演は凄まじいチケット争奪戦が展開。だが、私はウ×ーに勤務(当時)していた友人から裏からチケットを入手。仕事の都合上、横浜アリーナのライブに行った。私はエリック・クラプトンの来日公演、この1993年がベストだったと思っている。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200717082952j:plain

 

ライブの中盤に差し掛かる頃、私の後ろの席のOLたちが

 

「ね、ね、エリック・クラプトンってギターも上手いのね」

「うん、うん」

 

などと抜かした。

 

 

姦(ヤ)ッちまうぞ、オメーら!

 

 

と怒りながら背後のOLたちを見たら

 

 

とんでもねーブスども!

 

 

どんなに頑張っても勃(た)たないブス。私は性犯罪者になることが無かった。

だが、私の友人たちの話を聞くと、その後の来日公演においてもそう抜かす訳の分からない女どもがいたそう。因みに皆、ブスだったらしい。私の友人の中から性犯罪者が出なくて良かった。

 

ところで「Go To TraveL キャンペーン」

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200714191026j:plain

(もっと頭の良さそうな女性をモデルにしてほしいものだ)

 

東京都の発着を除外して行うことに決まったが、この前も書いたように地方では近畿圏に旅行に行って感染し、帰ってきてから陽性反応が出たという事例もあることから、それなりの感染者増が予想される。

確かに観光業は大打撃だ。それに伴う旅客機、鉄道、バス、タクシー会社等々も。

しかし、有抗体者数が少なすぎて最終手段としての集団免疫も採れないと言う、こんなの自然界にあるんかいな、と疑うほどに信じられないウイルス感染症に襲われてしまったのだから観光業には諦めてもらうより他ない。我が県の観光業、地域によっては旅館、ホテル、既に潔く諦めているところが少なくない。

最終手段としての集団免疫も採れないようでは、感染した高齢者たちが重症化し、亡くなっていくとして、何の為に亡くなっていくのか。意味がない。無意味だ。だから高齢者を何としてでも守らなければならない。また私の場合には幸い、母の遺骨を拾うことができた。しかし、新コロ感染で亡くなった人の遺族は火葬にも立ち会えない、遺骨を拾うこともできないのだ。こんなに悲しい話が他にあるか

 

ともかく、歌舞伎町でホストクラブのホストを中心に感染が増えた時点で、何とか手を打たなかった小池百合子には大きな責任がある。だが、私はホストもキャバ嬢も、またクラスターが出たシアター側をも責めない。悪者にはしない。悪いのは歌舞伎町ヤベッ! となりながらも歌舞伎町、または新宿のシアターに行った者どもだ。もう二週間前になるか、感染症の専門家とやらが「二次感染を防がねばならない」などと妄言を吐いていたが、超軽症者や無症状者が多いことが既に判っていたのだから、その時点で三次感染、四次感染にまで行っていたはずだ。それが感染経路不明の市中感染を広げていた、二週間前の時点で。そうでなければ昨日までの東京都の感染者数の説明がつかない。

 

経済を回しだしたところに上の様なカタンどもが多数いるのだから、地方から仕事で東京に行って感染をしてしまう人も出てくる。

ただ昨日、宮城県での感染者数が14人で一日における感染者数としては過去最多らしいが(間違っていたらゴメンなさい)、100万人都市・仙台があり、大企業の支社・支店も多数あり、さらに東京他に出張で仕事に行く人が多いことから、一日14人は想定内。

軽症者がほとんどであろうし、また確か病院(またはホテル)の退院基準も緩和されているはず。そうであれば医療崩壊は起きない。

宮城県の感染者の7割近くが東京とかから支社・支店に赴任してきた人たち、また東北大学を始め各大学によそから来た学生らしい。先の第一波でグズでドンでバカな東北人は学習をした。バカをするから感染すると。一部、当然、それでもバカをして感染する土着民もいるが、それは仕方がないし、されど少数派になった。東北人、持ち前の守備固めが今のところ出ている。

全国で感染者が増加している今、観光業には諦めてもらうより他ないが、それでも経済を回していき、全国で東北のような守備固めを行えば「ウィズ・コロナ」で日本経済と日本人はやって行ける。

 

問題は東京への通勤圏である埼玉、神奈川、千葉県。

こうなったら仕方がない。癌の手術で原発部分を切除する様に、先ずは東京を何とかするしかない。東京は高齢者は「ステイホーム」、可能な限り。都も後手に回ったがPCR検査、抗原検査も拡充されてきている今、先の第一波の時とは異なるので、接触確認アプリも活用させ、検査を先手・先手で行い、超軽症者や無症状者を可能な限り早く見つけ出すしかない。また、感染は発症の約4(or 5)日前から生じさせるので、これは漏れが出るのは仕方がないとして、感染者からの追跡を徹底的に行うより他ない。

だが問題は、新自由主義と言う誤ったデタラメ経済思想・経済政策に犯された政府・自治だ。新自由主義のもと、小さな政府が推進され、その挙げ句に保健所の人員の削減までが行われたこと。ここは赤字国債に頼るしかないが、政府にカネを出させて(財務省を説得させて)保健所の人員増強を図るしかない。

また、東京女子医大病院では夏の賞与が出ないことから看護師が約40名ほど退職したらしいが、政府に新コロ患者を受け入れた為に経営危機に陥っている病院にカネを出させるしかない。これも赤字国債に頼るしかないが。

この上の二つを小池百合子菅義偉と喧嘩をしてでも成すべきだ、早急に。それをやってこそ都知事と言える。バーちゃんパワーを見せろ!

あとは一応政府も考えているようだが、それでも大きな「感染源」となっている「夜の街」に無軌道な連中が集まるのであれば営業自粛しか方法がない。そこで働くアンちゃん、ネーちゃんたちには犠牲になってもらうより他ない。観光業もそうだが、世の多数派を守る為には少数派に泣いてもらうより他ないのだから。職業にそれを選んだ自分を恨んでもらうしかない。

 

ともかく東京都を何とか沈静化させることができれば(時間を要するだろうが)、埼玉、神奈川、千葉県もいずれは沈静化するだろう。ともすれば近畿圏も。

 

こうして沈静化させねば秋に本格的な第二波が到来したら、本当に日本、ヤバイ。

 

ところで秋の第二波であるが、グローバル化の産物である以上、外国人の入国体制を厳しくするより他に手だてがない。

ここで恐ろしいのは先に基地勤務のアメリカ人が嘘をついて基地まで移動をしたと言う事例があるが、それ。西浦教授ではないが、感染者を逃してばかりだと、第二波、とんでもないことになる。

 

 

***************************************

 

あー、疲れた。ここでタイム・オーバー。本題に入ることが出来なかった。

いや、上の全てが前置きだったの。本題に入れなかったわ。

 

ちょっと書いておくと。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200708080143j:plain

 

『ニュース7』を見る度に感心する。よく30分という限られた時間内でキッチリとした報道をするわ。ニュース原稿を書くスタッフを筆頭に並みの力じゃない。

 

さらに

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200708080457j:plain

 

『ニュースきょう一日』は15分よ。力量、ハンパない。

 

これ、民放じゃ不可能な芸当だよ! 絶対に!

 

いや、民放でも短時間でのニュース番組があって見たことがあるが、余りにも安っぽい・・・・・・。ヘボピー・・・・・・。

それを踏まえると『ニュース7』も『ニュースきょう一日』も、しっかりジャーナリズムとして確立されているのだから恐れ入る。

ただ、願わくば『ニュース7』で、もう少し、上原ちゃんの声を聞きたいなァ。

 

昨夜のあさひたん、もう白雪姫~・・・・・・。

 

 

 

 

 

神さん・俺のあさひたん自粛はいつまで?・ラブ。