新型コロナ、抗体の(再)感染防御について

 

先刻、会社のパート従業員について週32時間労働と書きましたが、事務員を含むスタッフたちは週40時間労働です。経営者の私(と神さん)は一日24時間労働と言っても良いです。例えば入浴中にあれこれ思案することも仕事ですから。

 

以下、引用ばかりになることを予めお断りしておきます。

 

 

***************************************

 

 

それで新コロの抗体について、こんな記事が。

 

抗体にコロナ感染防ぐ能力を確認 3都府県の疫学調査厚労省

 

 厚生労働省は14日、6月に宮城、東京、大阪の3都府県で実施した新型コロナウイルス疫学調査で、参加者から検出された抗体に、感染を防ぐ能力があることを確認したと明らかにした。  

国立感染症研究所の分析で、アボットロシュという二つのメーカーの検査手法でいずれも「抗体がある」と判定された場合に感染を防ぐ能力があることが分かった。どちらか片方だけが陽性では、こうした能力は確認できなかった。今後、抗体がどれだけ体内で残り続けるのかを調べていく。

抗体検査は、感染から一定期間たった後に体内にできる抗体を、少量の血液から検出する。 

 (出典、共同通信社、7/14・13:11配信)

 

ところが、こんな記事も。

 

コロナ免疫、数カ月で減退か

英ロンドン大の追跡調査

 

【ロンドン共同】新型コロナウイルスに感染した後に抗体ができて回復した場合でも、抗体による免疫が数カ月以内に減退する可能性があることが、ロンドン大キングスカレッジによる感染者の追跡調査で分かった。13日付の英紙ガーディアンなどが伝えた。

 研究チームは継続的な調査が必要としつつも、一度感染した後でも再感染する可能性があることを示唆していると指摘。ワクチン接種しても、同様に効果が長く続かない恐れが残るとしている。

 調査は3月から6月にかけて行われた。抗体の反応を継続的に確認したところ、平均して発症から3週間すぎにピークを迎えた後、急速に減退する傾向があった。

 (出典、共同通信社、7/14・11:15配信)

 

これをより詳しくした記事がこれ。

 

 

新型コロナ、数か月以内に免疫消失か 研究

 

 

【AFP=時事】新型コロナウイルス感染症COVID-19)から回復した患者の再感染に対する免疫は、数か月以内になくなる可能性がある。研究結果が13日、発表された。この結果は、各国政府が感染拡大をどのように制御するかに大きな影響を及ぼすことが考えられると専門家らは指摘している。 【図解】新型コロナ 患者の一部に長引く症状  

 

ロンドン大学キングスカレッジ(King's College London)の研究者らが率いるチームは、この種のものとしては初となる今回の研究で、感染が確認された患者90人以上の抗体レベルを測定し、その経時変化を調査した。

 

 血液検査の結果、症状が軽度にとどまる患者でも、新型コロナウイルスに対する一部の免疫応答がみられることが明らかになった。また調査対象者の60%に感染後の最初の数週間で「強力な」ウイルスへの応答が示された。  

 

しかし調査開始の3か月後には、COVID-19中和抗体が高レベルで持続している患者は、全体の16.7%にとどまり、血流の中に検出可能な抗体が存在しない患者も数人確認できた。   

 

インフルエンザなどの他のウイルスでもそうであるように、免疫は「当然あるもの」ではなく、2~3か月しか持続しない可能性があることを、今回の研究は示唆している。  

 

今回の研究結果について専門家らは、各国政府による感染拡大の次なる局面に向けた計画に影響を与える可能性があると指摘する。こうした計画には、ワクチン研究開発の資金提供と組織化をどのように進めるかといったことも含まれる。  

 

英ウォリック大学医学部(Warwick Medical School)の名誉講師のジェームス・ギル(James Gill)氏はこの研究により、新型コロナウイルスの拡散を、特に欧州のホリデーシーズン開始時に軽減させるための対策を各国が講じ続ける必要性が改めて浮き彫りになったと述べ、また、抗体検査で陽性だった人でも「油断せずにソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)や適切なマスクの着用などを続けるべきだ」とした。【翻訳編集】 AFPBB News

 (出典、JIJI・com、7/14・12:04配信)~時事通信社

 

皆さんはどう読まれますか。

 

山中伸弥教授の調査を一旦脇に置いて、新コロ感染者に抗体ができれば当然のこと(再)感染を防ぐ防御効果はできるでしょう。常識の範囲じゃね? それよりも多くの人が抗体について一番気にしていることは、抗体の持続期間なはず。

もう暫く前から抗体(免疫)の体内残存期間が世界中で取り沙汰されているのに、この厚労省の発表は間抜けな感が否めませんよね。

「Go To キャンペーン」を目の前にしての発表なのかな? とか勘ぐっちゃいます。

優秀な人材が多いロンドン大キングスカレッジの方が説得力があるなァ(笑)。

 

確かに経済を回さないと日本は終わってしまいますが、全国的に感染者が増加している今、「Go To キャンペーン」は余計でしょう。地方でも近畿圏に旅行をし、感染して帰ってきて陽性反応が出たりするのだから。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200714191026j:plain

 

「Go To キャンペーン」がもとで全国で感染者が増加したら『政府の人災』だよ。

「Go To キャンペーン」はレジャーなのだから、三密対策もソーシャル・ディスタンスも新しい生活様式も全部吹っ飛ぶよ人間、日本人とはそれほど利口じゃないことが3月の魔の三連休が証明しているだろうに。

 

あと、これが

 

 東京都内の新型コロナウイルス感染拡大の予測に関し、厚生労働省クラスター班の押谷仁東北大教授らが作成した資料2通を、提示された都が廃棄していたことが13日、分かった。都の担当者は「行政文書ではなく問題ない」としている。 

都によると、押谷氏らは、都内の感染者数などを予測、分析した資料を3月17日、19日、21日の計3回提出。最終的な予測は21日分で、都はこれを参考に政策を決定し、17日、19日分を廃棄していた。途中段階の文書とはいえ、廃棄により政策決定経緯の検証が困難になる恐れがある。

 (出典、共同通信社、7/13)

 

本当なら都はけしからんよ。この頃は五輪問題で揺らいでいたけれども、けしからんよ。

 

 

 

 

 

神さん・何かもう晋ちゃん政権イヤで仕方がない・ラブ。