新型コロナ、私は4/27に誤ったことを書いてしまったか?

 

昨日のテレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー』

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200425154955j:plain

 

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200425155709j:plain

 

コメンテーターの玉川徹が月曜日の東京都の感染者数39人について

 

「民間(検査機関)だけがやっているから(少ない)」

 

と言う聞き捨てならないことを言った。また、玉川は土・日も行政の検査機関が休んでいるように思っているようであった。

 

確かに、行政の検査機関は、ダイヤモンド・プリンセス号の多数の人たちの検査から働きづめで疲労困憊。だから去る土・日には「必要な検査人員を除いて」休んだ人もいたであろう。しかし、この緊急事態の土・日に行政検査機関が空にして休むことなどあり得ないし、月曜日に行政の検査機関の人たちが全く休んでいることはあり得ない。

 

私も神さんも昨日、玉川の発言を聞いて

「あー、あり得ないことを言った、あのバカ。行政の検査機関からしこたま文句、来るぞ」と言った。

 

 

そうだった様で、先ほど、番組の冒頭で玉川が謝罪をした。だが玉川は最後に「すみませんでした」と締め括った。「申し訳ありません」が正しい謝罪の言葉だ。そんなことも知らないバカだ、玉川徹は

こんな奴をコメンテーターに用いる『羽鳥慎一モーニングショー』が、如何に出鱈目で覆われているワイドショーであるかが、誰にでも解る形で暴露された。『Nスペ』より『モーニングショー』の方が信頼できるとした、名前を忘れたが上智大学の教授。どう取り繕うの? 

 

ただ、このド田舎の宿命で首都圏の情報が「遅れて入ってくる」ものだが、私は二日前に弊社の保健師さんから、東京都はPCR検査が保険適用となった3/6から間があいたものの、民間の検査機関も参入したことを聞いた。

 

それはともかく、この玉川徹を筆頭に民放のワイドショーが「PCR検査をしろ、しろ」と煽るものだから、それが拡散されて、首都圏を中心に集団ヒステリーに陥った人々が保健所に電話をしまくって、本当にPCR検査が必要な人が保健所に電話がつながらずに死んでいくと言う事態が生じている。

 

 

***************************************

 

 

だが、一方で私も4/27(月)に弊ブログで誤ったことを記したか? と言う事態に陥っている。確定ではないが。

 

それは、新コロ感染症対策本部と厚労省クラスター対策班の戦略が正しい、と書いたことそれが一昨夜から揺らぎだした

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200429092353j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20200425134617j:plain

 

事の発端は、その記事を書いた私自身が新コロ感染症対策本部と厚労省クラスター対策班の戦略に疑問を持ち、夜に神さんにその記事を見てもらったことにある。

 

私はワイドショーの様に、弊ブログをお読みの方々に不安を煽るような真似はしたくない。神さんが何と言ったか、今ここで書くことができない。大いに考える必要がある。

 

加えて、保健師さん。

彼女は両親・きょうだい、他、親戚筋が医師を筆頭に医療従事者という家に生まれている。男子はともかく、女の子に生まれて自分が医師に不向きだと判断しても保健師や看護師等になるという家柄・血筋に生まれた。

要は、そうしたことから親戚筋に医師が多く、会社が大型連休(ステイホーム週間)に入ったら、早速、土曜日に親戚の医師伝いで何と私がシカゴ大学感染症研究医にweb会議システムで新コロに関する疑問をぶつけられる、と言う段取りを取ってくれたのだ。

それを昨夜の21:00に行った。実際に話したのは英会話に長けた東北大学卒の営業レディーだが。

 

それでシカゴ大学感染症研究医は「仮説だが」と何度も言いながら、かなり私の疑問に答えてくれた。

だが、その感染症研究医も大いに混乱をしていた。

それはそうだ。この新コロ、嘗てのスペインかぜも参考にならず、SARS、MERSもご参考(それ以下か?)程度のはかり知れない、未知のウイルスなのだから。

 

そのシカゴ大学感染症研究医の「仮説」も今、ここでは書けない。

 

あれ? 『羽鳥慎一モーニングショー』、出口戦略の困難さを語って、いつになくニュートラルに終わったぞ。玉川の大きなミス発言&謝罪の為だろう。

 

そう。賢明な方ならお分かりの通り、今の日本の現状では出口戦略を見い出すことが困難な事態にあることが大問題。

それが一重に新コロ感染症対策本部と厚労省クラスター対策班の戦略への疑問につながる。

そうは言っても彼等の戦略があったからこそ、日本がニューヨーク州やイタリア北部の様なとんでもない悲惨さを回避できたことは事実だ。そこはクラスター対策班に感謝せねばならない。

 

私としては神さんの意見は当然のこと、シカゴ大学感染症研究医の「仮説」を書かないで済む様になることを祈る。

また、私としても、それらを踏まえて改めて考える必要がある。

 

この「ステイホーム週間」が今後の日本を占う試金石になるのだから。

 

でも、確か、このGW中に沖縄旅行を当初予約してたのが約6万人いたとして、未だにキャンセルしない(行くつもりの人たち)のが約18,000人超えって[出所/地方新聞]。何で日本人って、もうここまで自分の行動を律することが出来なくなったのか。沖縄は高齢者が多いんだぞ。バカ。

 

 

 

 

 

 

神さん・出口戦略が見えなくなったが、この「ステイホーム週間」に賭けるしかない・ラブ。