日本は新型コロナに対し、なし崩しに『集団免疫』に向かうのか

 

昨日、数量モデルの第一人者である西浦博北大院教授が新コロについて、何も対策を講じなかった場合の重篤者数、死者数を発表し、夜の各テレビ局のニュース番組でもその模様が流されたが

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200415121228j:plain

 

「流されただけ」に終わった。

 

もっとも、この発表を政府が緊急事態宣言を出した直後に、NHKでの

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200410125233j:plain

(出典、4/8、NHK『NW9』)

 

尾見茂先生のこれと一緒にセットにすべきであった。

否、尾見茂先生と西浦教授が共同で長い時間をかけて記者会見を開き、発表すべきだった。先ず、西浦教授の何も対策を講じなかったならば、を踏まえて、尾見先生が接触8割減を行った際の効果を説明すべきであった。そうでもないと、相応の説明と説得力に甘さを残す。

 

しかし、昨日、急に西浦教授が何も対策を講じなかったらの発表をした。或る意味で奇異だ。

 

ちょっと思うところを。

西浦教授の昨日の発表は、第一に、人との接触8割減が進まないことに大きなイラだちを覚え、唐突に踏み切った。

第二に、西浦教授の発言は緊急事態宣言の期間、経済活動を停止しろ、と言うものであり、経済活動と新コロ終息を両建てて目論むクレヨン晋ちゃんの意に反するものであることから、政府から発表を抑えられていたことが考えられる。政府の意向を無視して発表したことが想像される。

世間では「休業と補償をセットで」だっけ? その声が高いが、それを脇に置いて話を進める。

日経新聞社の要職に就いている友人が、厚労省クラスター対策班にも穏健派と急進派が存在すると言った。多分、この西浦教授は急進派なのだろう。

「テレビで報道された部分」においては、8割減の効果について語る箇所がなかった。8割減の効果の説明が不充分だったのかも知れない。そうだとしたなら短絡的だ。急進派とは往々にして短絡になりがちだ。

 

ここでテレビ局ごとのニュースで、この西浦教授発表に割いた時間を記す。但し、発表そのものだけでなく、発表に付随した報道の時間。

テレビ朝日報道ステーション』、約30分だが中身なし。TBS『NEWS23』、テレビ会議システムを用い、日本医師会のお偉いさんにコメントを求め、西浦教授の発表に正当性を与えたが約15分。裏番組の日本テレビNEWS ZERO』、大したことなかったようだ。そして、何と、NHK『NW9』、約7分(!)で終わり、その直後に一律10万円だっけ? その報道に切り替わった。

 

「はあっ?!」と言う腰砕けなものばかり!

 

経済活動と両立をしたい晋ちゃん、政府から圧力がかかったことも想像される。

 

NHKに関して、先週、「Kアラート」で有名な悪名高い人物が理事に昇格すると言う話を聞いていたが、そうなってしまった。こいつは首相補佐官の今井尚哉と密接。密接も密接、三密のべったり。

 

 

こーんなクズが理事なら、NHK、しめーだなあ!

 

 

と先週、会社の6つの経営シナリオ再構築に必死に励む私に友人たちが異口同音で、そう言っていた。また、神さんに電話がかかってきて、その夫たちも。

さらに恐ろしいことに、神さんの友人たちの夫にはワクマユアン和久田麻由子アナの大ファン)が多いのだが、何と『NW9』をもう見ないと言い切った。さらにさらに恐ろしいことに彼等、「わくまゆがニュースキャスターとして、あんなに下手くそだとは知りませんでした。もう、くどくて、くどくて、しつこくて、しつこくて聞いていられません」と言い放ったのだ。さらには「3/30から『NW9』、紙のように薄っぺらくなって、見ていられません」とも。

私はシナリオ再構築中で必死であったことから、『NW9』、4/8の一部以外は聴いていただけ。

そして恐ろしいことに、土・日に娘・愚息が電話をしてきて

「私の周りの人たちも『NW9』、中身がなくなって、もう見ないと言う人が多いわ」と娘。愚息の内容もそう。

 

私は3/30の週は『NW9』をボーッとして見ていただけだが、この月曜・火曜と見ていて

(確かに『NW9』、中身がなくなった。紙のように薄い)と思った。

そして昨夜、西浦教授とそれ絡みの報道を約7分(!)で打ち切ったことを踏まえ

(3/27までの『NW9』なら西浦教授かクラスター対策班の人か識者をスタジオに呼んで、西浦教授の発表についていろいろ訊いたはず。それがなくなった。「Kアラート」の奴なあ、あいつが理事で、しかも元報道局。政府べったりだぞ。しかもこれだけを取ってみれば、21世紀に入って最もべったりじゃねーか)と思った。

 

以上のことを踏まえて頂きたい。

 

西浦教授は接触8割減の効果を大きく謳うことなく短絡的に発表をしてしまい、その上でNHK『NW9』他のニュース番組が、重篤者について15歳~64歳までで約20万人、65歳以上で約65万人ということを強調して報道してしまった。

すなわち、若年層や始末に負えないガキども(20代とする)に

「なーんだ、重症化して死ぬのはジジ、ババじゃねーか。なら俺は大丈夫だな」

となって、無秩序な行動に走らせてしまう「恐れがある」と言うことだ。

 

もしも、もしも

 

そうなってしまったら

 

西浦教授以上に

 

 

マスコミ・メディアの責任だ!

 

 

加えて、それだけでなく、『集団免疫』を唱える連中に、造作もなく反論を構築できる内容にしてしまった。

 

それはともかく、若年層や始末に負えないガキどもをさらに無秩序にしてしまったら、日本はなし崩しに『集団免疫』へと向かう。無意味な犠牲を払いながら。

 

 

 

 

 

神さん・Kアラートが理事になり、『NW9』終わった・ラブ。