3.11から9年目の日に

 

昨日は昨年、私がトップセールスをした企業さまに、納品で、営業レディー一名と行ってきました。やはり弊社の担当バリキャリだけでなく課長様、一気に飛んで取締役部長様が登場。取締役部長様は

 

(^▽^) ←こんな感じで緩いのです。

 

まァ、お金を頂けるより喜んでもらえ、笑顔になって頂ける方が嬉しいのですが。

 

昨日も移動手段は電車を用いずタクシーだったのですが、東京駅前のタクシーの数、3/2よりも減っていました。運転手さんによると、やはり新コロの為だそうです。

 

 

 

***************************************

 

 

ところで日曜日のNHK『死者ゼロを目指せ』、フジ・テレビの男のアナ

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311093253j:plain

 

井上あさひアナを見る目が敵意に溢れていました。いつもではなく、何度かですが。局の垣根を越えてなのですから、その男のアナに少々不愉快になりました。

できるものならば、あさひたんに

 

「私はNHK井上あさひよ! オヤジなんてメじゃないわよ!」

 

と啖呵を切ってほしかったのですが、いくら収録番組であっても無理でしょう。

また、岡山県民とは押し出しが余り良くない。西日本にあって珍しく東北人に似た要素を持ち合わせています。私は昔、岡山市倉敷市に行ったことがありますが、それぞれの市民性がビミョーに異なりながらも、何か一歩引く感じで相手とコミュニケーションを取ることが感じられました。

一言で言えば、岡山県民の6割強が「良い人」なのだと思います。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311094500j:plain

(君も岡山県民だよね)

 

もう収録前、すなわち楽屋で顔を合わせた段階でフジ・テレビの男のアナはNHK、井上アナに敵意を持っていたはず。そうなったら井上アナに手管手練になってもらい

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311094859j:plain

 

「番組収録が終わったら、一緒にお茶をしましょうね ♪」と、その男のアナを懐柔し、鼻の下を伸ばさせ、その者の敵意を封じ収録を行い、収録が終わったら完全シカトでスタスタと帰ると言う峰不二子作戦を遂行。

そうしてほしかったのだけれど、それができないから岡山県民なんですよね。

 

 

 

あと、有馬キャスターさま

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311100422j:plain

 

わざわざ福島第一原発まで取材、ありがとうございました。

 

ただ、この3日間くらいの間に下記URLが福島県の漁業者の心を動揺させています。

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/mizushimahiroaki/20200309-00166801/

 

どうなんでしょうね。民放特有の「煽り」の様な気もしますが、でも一応の裏付けがあるから放送したのでしょうし。

けど、お人好しの福島県民、海洋放出に同意し、またマイナスからのスタートで、再度、試験操業(漁)を行うようにするでしょう。

どうなるのか、福島の漁業。はァ。

 

やはり、環境相であるこいつ、就任後に小名浜を訪れ「小名浜の皆さんに寄り添って」と言ったのだから

  

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311101928j:plain

 

基準値以下まで薄めたトリチウム入りの水イッキ飲みしてもらい、安全であることを証明してほしく思います。

 

 

ところで、昨日、新幹線で帰途につくなかで、(あっ!)と思ったことがあるのです。

 

その前に、今の若い世代の男、結婚をして子どもができても尚、妻の尻に敷かれるのを嫌い、それが元で離婚に至るケースがあると言う話を聞きました。

妻の、カミさんの尻に敷かれないとダメなんですよ。妻が出産後もバリキャリを続けるとしても、女性とは目端が利く生き物であることから妻が夫を尻に敷いてこそ家庭が上手く機能するものなのです。男は、ね。どんなにハイスペックであろうとも目端が利かない生き物。だから妻が夫を上手に尻に敷くことが必要。

 

また、私が30歳の頃に、名前を忘れましたが当時人気があった女性エッセイストが書いた『結婚しないかもしれない症候群』という本が売れました。私たちの世代から「結婚」が必ずしも幸福を意味するものではないことが明らかになり、実際に独身を貫いている女性もかなりいます。社会の少数派でしょうが。

だけど、バリキャリをしながら結婚をし、子どもも持ちたいと言う女性が多いことも事実。

 

そうなると福島県民(しかも会津地方)を夫にした

  

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311104243j:plain

 

和久田麻由子アナが三歩リード。若い内にキャリアを積んでアラフォー近くになって子どもを持つ、と言うことを福島県(特に会津地方)の男は理解してくれます。また、福島県の男は東北六県にあって最も、結婚後は妻の尻に敷かれて当然と思っています。自分の両親、父方・母方の祖父母が、親戚筋全夫婦が、近所の夫婦が、果ては小中高校の友人の両親が、夫が妻の尻に敷かれているのを見て育っていますから、それが「当たり前」なんですよ。

特に会津地方は女性が強い! とにかく女性が強いから、男は尻に敷かれて当たり前と思っています。

ささいなことで夫婦喧嘩をしても、妻の方で、4分39秒が経ったら(潮時ね)と思い、「ゴメンね」と言えば夫は妻にゴロニャンとなりますから。

 

 

それで会社でも新聞(地方紙)を取っているのですが、何? 今夜の『NW9』、まほりんが南三陸町から生中継? じぇじぇじぇ!

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311110246j:plain

 

スーパースターのまほりんが来るのであれば、もう宮城県知事を筆頭におもてなしをするのが筋。予め、宣伝をしておけば南三陸町にファンが大挙押し寄せたはず。その男性ファンのなかから

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311110651j:plain

 

佐々木朗希の様なハイスペック男子を見つけて東京に連れ帰れば、尻に敷けて、公私ともに充実するはず。

 

「おいっ! ビール!」

 

と、まほりんが言えば、その男性はそそくさと冷蔵庫から缶ビールを持ち出し、グラスにビールを注ぎます。

 

あいった~。まほりんが南三陸町に来るのであれば宮城県民のみならず、岩手県民、福島県民も大挙押し寄せたはず。その膨大な数の男性ファンから(これは)と思ったハイスペック男子を選べば良いのですから。

 

でも、あさひたんは旦那を上手に尻に敷きそう。そういう巧さはありそう。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311112703j:plain

 

石橋アナも上原アナも旦那を上手に尻に敷いてね。

 

 

あれ? 完全にタイトルからズレたぞ。それにカテゴリー、「社会」か?

小さいことにこだわらない私。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200311112631j:plain

 

 

 

 

 

神さん・どうやって進次郎にトリチウム入りの水を飲ませようか・ラブ