3.11から9年目に想う

 

しかし、愛知県で「コロナをばらまくぞ!」と陽性反応が出て入院先が決まるまで自宅待機を命じられたオヤジが飲食店をはしごしたって・・・・・・。

横浜ではもう初期症状が出ながらスポーツジムに5回も通った70代のジジイ。1,406人が濃厚接触って・・・・・・。

ワタシが独裁者ならこの二名、治療をせずに、死ぬまで検体として新コロ活動過程の研究をさせるわ。こうすれば新コロの全貌がつかめて治療に活かせるかも知れないし。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200305095040j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20200309073804j:plain

 

また、これらのライブハウスに行った(四国からも行った)オッサン、オバサンを虜にしたロック・バンドって何?

 

こんなんじゃあ感染者が増加する一方で、いくら政府が「それなりの」対策を講じても新コロ、終息に向かう訳ねーじゃん。

 

あと一昨日、書き忘れたけど、金曜日の『報道ステーション』に出た中央大学大学院教授が「所得税減税」を訴えてくれた。やっと、やっと私と同意見の識者が現れた。経済をちゃんと分かっている識者がいてくれたことが嬉しい。

 

 

 

***************************************

 

 

昨日はNHKで『3.11』関係の番組が放送され、嬉しかった。民放は視聴率が取れないから余り放送してくれない

 

『明日へつなげよう』。宮城県気仙沼市唐桑地区に大学を出た他県の若者が永住ではないながらも、移住してくれ、復興の大きな原動力になってくれていることを放送してくれた。

 

2017年に地獄の引越を終えた私は神さんと12日間を用い、宮城県福島県(相馬市、南相馬市いわき市のみだが)、岩手県沿岸部を回った。

福島県は当然のこと原発事故の為に特殊的状態にあり、宮城県岩手県とは異なるのだが、宮城県岩手県の沿岸部には唐桑地区(確か12人)ほど多くはないけれど、やはり若者の移住者がいるところにはいて、その移住者が復興の原動力になっていた。

2017年当時、私は52歳になる身。また、私たちが訪れた街々では中高年が復興の中心になっていることから、アタマが固く、加えて街に慣れている為に、街の新たな魅力を見い出せずにいた。しかし、他県から移住した若者たちは違った。柔軟な頭を要しているから街の新たな魅力を発見してくれていた。だから、そうした人たちが復興の原動力になっていた。

  

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200309081749j:plain

 

若者たちは斬新な角度・視点から街の情報を発信してくれていた。

 

復興とはそこに定住する人が震災前までのレベルにならないと、成されない。

人がいないと活気を取り戻せない。

単に街がキレイになりましたでは復興が成されない。

人が集まって、就労環境も整えられ、人が定住しないとダメ。

しかし、私は年を取りすぎた。もう、有効で新たなアイディアを出すことができなかった。

 

でも、宮城県岩手県はまだいい。原発事故が生じた福島県はどうすれば良いのか。

双葉郡を筆頭に帰還者が少なく、放射能も低線量ながら内陸部よりは高い。そうであれば若者が移住してくれ、復興の原動力になってくれることはない。また、3.11から年月が余りにも経ち過ぎた。

しかも、福島第一原発トリチウム汚染水を基準値よりも薄めてだが、海洋放出されるだろう。そうなると、風評被害と長年闘ってきた漁業者は元の木阿弥だ。

 

でも、今朝の『おは日』で高瀬アナが宮城県名取市閖上の「斎藤写真館」を取り上げてくれて嬉しかったな。2010年まで、たまたまだけど、2回ばかり「斎藤写真館」に行ったことがあるから。

 

2月には『NW9』で飯舘村を取り上げてくれたから、飯舘村を訪れたけれども、名取市の「斎藤写真館」に行ってみたくなった。

 

 

***************************************

 

昨年は3.11について、まだ客観的になれなかったから3.11に関する記事を意図的に避けたのだけれども、飯舘村を訪れたことから要約客観的になれたようだから、どうなるか分からないけれども3.11について書くかも知れない。

  

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200309085816j:plain

 

新聞でもテレビでも雑誌でも取り上げられていない、被災者の生の声を聞いてほしいから。どうなるか分からないけれど。

 

 

 

 

 

 

神さん・3.11を風化させてたまるか・ラブ。