『あまちゃん』徒然

 

いや、三連休がこんなにもありがたいものだとは知りませんでした。ああ、いやいや、B社の関連会社に勤務していた時までは思っていましたよ。でも、その後、FXトレーダーとして生計を立て、自由人(?)でいましたので。それで昨年6月末から起業活動に奔走し、台風19号のボランティアもしましたので、無我夢中でした。

やはり疲れていたことを実感しました。

 

それで本当は昨日の続きで、財政再建を考慮しながら地球環境問題とも折り合いをつけつつ、積極財政による経済成長(中成長を目標とする)について書きたいのですが、これを書いて神さんと急遽外出することになったので、また今度。

 

でも昨夜は『ニュース7』で池田伸子アナ

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200224123736j:plain

 

を見て、また~りとし、『麒麟がくる』を見て、その後の『Nスペ』で近江友里恵アナを見られ、生き返りました。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200224125548j:plain

 

ゲストは私が注目している実力派女優の

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200224125707j:plain

 

木村文乃

 

木村文乃WOWOWでの『石の繭』『水晶の鼓動』『蝶の力学』(3作ともシリーズで刑事役)とNHKでの『サギデカ』しか見たことが無いのですが、刑事役でない役を『麒麟がくる』で演じるので楽しみ。

 

 

***************************************

 

 

それで2013年の朝ドラ『あまちゃん

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200224130847j:plain

 

天才・クドカンが朝ドラ本流を全て破壊し、その上で大成功させました。

もう、笑いながら泣き、泣きながら笑える、朝ドラ史上最高傑作だと思います。

 

主人公アキの親友ユイが、父親が病気で倒れ、母親が蒸発した為に東京に行くことを断念したことが引き金となって、ヤンキーになってしまいましたが、首都圏に住む私・神さんの友人たちから、それをして

 

「あんなダサイ、ヤンキーなんていねーよなー(いないわよねー)」

 

と言う電話が多数。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200224131811j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20200224131833j:plain

 

ところが、いたんですよ、当時。岩手県宮城県福島県、奇しくも東日本大震災、被災三県に。生息していた時期は2010~2014年くらいでしょうか。

 

上写真のように、何故か前髪を上げ、ブカブカのスエットみたいな服を着ていたのです。

 

間違いなく『あまちゃん』のスタッフが、久慈市とかのヤンキー娘を車の中で見つけて写真に撮ったのでしょう。それをスタイリスト(?)に見せた、と。

 

その写真を見たスタイリスト、あ、衣装係か、その人は

 

うわっ!

 

 

 

ダッサ

 

 

 

ダッサ

 

 

 

 

ダッサ

 

 

 

 

ダッサ~っ!」

 

 

 

となったことでしょう。

 

この東北のヤンキーとは、学校にも家庭にも居場所を失ったら、当時は上の様なルックになり、社会の片隅で孤立していたのです。ホントにホントのポンキッキ。首都圏のヤンキーとは違うんですよ。

 

このユイの姿をして、演じた橋本愛が再び活動の場をテレビ・ドラマに戻しつつあるからか、「ツクりすぎ」という声が大きいようなので、敢えて記しました。

 

そう言えば、先刻、正午のNHKニュースで映画『星屑の町』で数年ぶりに主演を果たした、のん(能年玲奈)の岩手県での舞台挨拶の模様を報道してくれました。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200215102140j:plain

 

昨年は『おは日』で、のんのインタビューもしてくれました。

 

電通にさほど忖度する必要のないNHKならではです。

 

嬉しいです。

 

でも、のんは何度も何度も岩手県に、国民的女優になった綾瀬はるかは何度も何度も福島県に来てくれて、これも嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

 

神さん・じゃ出かけようか・ラブ。