NHKに対政府、デスマッチ・ディスカッションを求める~ただの妄想ですが

 

「あーっ! 何ィ? 解らねー?」と電話で友人が声を荒げても、私は

「いや、ホント、解んねーんだよ」と答えた。そこに私は

「クレヨン晋ちゃんには小泉純一郎とか、あとは例えば橋本龍太郎の様な解りやすさがねーんだ」と付け加えた。

 

昨日、私は大山倍達三瓶啓二とかの二面性に触れた。だが、政治家たるやもう二面性の塊(オモテとウラ、ウラ=本音であるが)。政治家どもの前では大山倍達三瓶啓二も可愛いものである。

しかし、私たちは政治家、首相であるが、そのウラを読み取って、そのウラが短期・中期・長期・超長期においてどの様に日本経済に、また世界経済に影響を与えるのかを考慮する。そうやって、自らが属する企業の短期・中期・長期・超長期的作戦を練るのだ。

私だって、会社を興した身である以上、そこに留意して作戦を練る必要がある。

概して、日本人とは短期的な思考しかせず、中期・長期・超長期をも踏まえた作戦を練るのが不得手だ。これも一種の大企業病と言える。されど、経営トップ層も近いその位置まで上り詰めた人たちの中には、キチンと短期・中期・長期・超長期と分けてプランニングをして、経営トップ層に様々な提言をする人がいる。一歩間違えれば、派閥抗争の問題もあって、負ければ、九州の関連会社とかに(社長にされてであるが)片道切符で飛ばされてしまう。まさに食うか・食われるかの闘い。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117115602j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117115854j:plain

 

だが、そうしたプランニングを練るにしても、首相のホンネが読み取れないと行うことができない。

 

そこで大きな問題が

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117120438j:plain

 

クレヨン晋ちゃん。一筋縄ではいかない。人によっては、このクレヨン晋ちゃん、余りにもおバカ過ぎるから読めないとも言う。

 

いやー、マジ、困っています、私たち。

 

なるほど、クレヨン晋ちゃんがおバカ過ぎであることが、私たちを難儀させている大きな一つの理由でしょう。

 

政治家は「一に体力、知力は十番」ですが、クレヨン晋ちゃんに至っては知力は三十番なのでしょう。

 

ところが見過ごせないのが、紙媒体での確かな経済諸データの入手困難さが2010年代に入って、一気に加速したことがあります。これはネットの普及により、紙媒体での情報提供が不要とされた側面があります。

けど、例えば、私が幼児教育・保育の無償化は必要成長率の低下に資するのかを考え、それを調べるのに必要なデータをネットで収集しようとしても揃いませんでした。

 

筆者注:必要成長率とは、財貨・サービス・知識などの生産物の需給の持続的均衡を保証する為に必要な経済成長率を言う

 

参ったなァ~。

 

ミクロ経済の主体たる企業の危機。

 

ああ、いやいや。ミクロ経済を支える『家庭』を忘れたことはありませんよ、はい。え? 『家計』じゃない? いえ『家庭』でいいのです。説明、長くなるから割愛。ゴメンなさい。

 

それで、先に極真空手について書いた際に、「ノールール」「ルールを取っ払って」という言葉も用いた時に、私は

 

NHKで、ルールなしでのニュース・キャスター二名VSクレヨン晋ちゃんと菅義偉4時間ディスカッション・デスマッチをやってくんねーかなー」と思ったのです。妄想しちゃったのです。

 

ルールと言うことですが、NHKのニュース・キャスターはNHKの窓を越えてのコメントを許されないはず。

 

大越健介キャスター

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117125541j:plain

 

は嘗て『NW9』のキャスターを務めていた際に、NHKの窓を越えたコメントをしており、(ここまで言っていいんかいな)と私は心配していました。ですが、2012年秋に政権に返り咲いた自民党、首相、クレヨン晋ちゃんですが、奴か官房長官の菅の眼に大越キャスターのコメントが止まったことが、2015年3月末付けをもって大越キャスターが飛ばされた原因だと思っています。せちがらい・・・・・・。

 

だから、NHKの窓』というルールを取っ払ってのホンネトーク・ディスカッション

 

これを妄想しちゃった訳。夢精じゃないぞ、妄想だぞ。くれぐれも。

 

ですが、強力な二面性を有したクレヨン晋ちゃんや菅義偉が簡単にホンネを言うはずもない。故に、民放も含めたニュース・キャスターの中から最強の猛者、二名を選抜するのです。そして、その猛者二名に晋ちゃんと菅からホンネを引き出させる必要がある。その上での4時間ディスカッション・デスマッチ

 

そうなると、男性キャスター最強は

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117132630j:plain

 

NHK史上最強の知性の持ち主、有馬嘉男キャスター。

絶対にこの笑顔の裏には

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117133049j:plain

 

中村忠、一撃必倒の右の正拳突きの様な破壊力抜群の技を有しているに違いない。

 

何せ、私と同い年・同学年の有馬キャスター。先の三連休に台湾、韓国、米国に取材に行ってきた。そして疲れ・時差ボケも表すことなく火曜日から平然と『NW9』のキャスターを務めていた。まさに超人である。

 

女性キャスターには、当然、我らが

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117133820j:plain

 

桑子真帆キャスター。

頭脳明晰を武器にしてもらって。

だが、もしも、まほりんが晋ちゃんと菅を前に緊張したとして、お酒好きと言う話が本当なら(本当だと思う)、缶ビールを飲んでいいから。 3、4本くらい。

あ、そうなると缶ビールを差し出すセコンドが必要。

そのセコンドには、ビール大好きの

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117134539j:plain

 

星麻琴(アナ)リポーター。 

 

ところが星アナ、缶ビールを10本準備していたとして、自分が後の7、6本を飲んでしまい

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117135213j:plain

 

 

「えへっ。残り、全部飲んじゃいましたー」

 

 

な、なんと、なんと言う掟破りか。

 

だが、まほりんはデキた先輩として星アナを叱ることなく、怒りの矛先を晋ちゃんと菅に向け

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200113125312j:plain

 

ケンカ十段の芦原英幸と化す!

 

 

ヤベッ! ヤベッ! 絶対にヤベー、最強コンビの誕生だ!

もう、晋ちゃんと菅に逃げ道はない。

こうなったら4時間も要さず、1時間半で有馬&桑子コンビが晋ちゃん&菅の二人を完全ノックアウト。

 

 

 

こーんなことを妄想しちゃったのよ。

 

 

でもね、でもね、昨日、就業時間を終えた後で、弊社の全女性スタッフ15名にこの妄想を話したら

 

「やってほしい」

 

とのこと。

 

だが、社長が言った。

 

「缶ビールを7、6本飲んだ星アナ

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20200117141416j:plain

 

全盛期の大山倍達になって、場内乱入し、必殺の正拳突き=流暢な英会話で晋ちゃんと菅をコロしちゃうんじゃないですか? あの二人、英会話能力ゼロなんですから」

 

 

ア~メン・・・・・・。

 

 

 

 

 

神さん・奇しくも『NW9』勢だよ、最強がそろった番組なんだね・ラブ。