混乱こそが我が墓碑銘

 

いやいや。お久しぶりです。お久しぶりな理由を、出来事に沿って記します。

 

先ず、月曜日。私が一番最初にトップセールスを行い、契約締結に至った会社から連絡をもらったことで上京。進捗状況の説明が主であることから、平凡な、平凡な、それはそれは平凡な一日になるはずでした。

 

指定された15:00前に、その会社に行き、笑顔が素敵な受付嬢に部屋を教えられ、そこへ行くと。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191220085644j:plain

この女性の髪をもう少し長くし

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191215110414j:plain

ほぼ、これと同じファッションに身を包んだ女性が現れ、何と私・弊社の担当になったことを告げられました。もう一目でバリキャリ。颯爽としたキャリア・ウーマン。私はトップセールスに来た時に、この女性が書記を務めていたことを思い出しました。

私は会社の進捗状況等々を話したのですが、その女性が、165キロの剛速球

ド真ん中にどストライクであった為に、顔や眼をまともに見ることができませんでした。いや、会話を交わすに当たって、その女性の眼を見ないことは失礼に当たるので、頑張って視線を合わせましたよ、そこのお父さん。その女性、バリキャリながらもクール・ビューティーでありつつ、笑顔がとても素敵でした。

そして、それから、この会社の部長さんが現れ、そのナマズに安心し、部長さんも交えて会話。ナマズ顔は地球を救う

18:10になり、その二名様とお話を終えたら、何と私が接待をされました。お二人に。え? 接待自粛の世の中なのに? と思いながらも、これも仕事と割り切って、品格のある料理店へ。2時間と少々。その後、部長さんは帰途に着いたのですが、担当の女性が「宜しかったら、飲みに参りませんか」と。私は、これも仕事、と思って踏ん張ったのです。洒落たバー。1時間半くらいお話をしながら、軽く飲みました。

そして、事件はバーを出た直後に生じたのです

その女性、最初に私を見た時から、私のことを気にとめてくれていたらしく

「今夜は一緒に過ごさせて下さい」と。

あれほど憧れた、颯爽としたキャリア・ウーマン。またとないチャンス。しかし、その女性とその様なことをしてしまったら、私は家庭を破壊してしまいます台風19号の本能と言う名の凄まじい豪雨が押し寄せて、理性と言う名の堤防を破壊しかけました。ただ、私には判っていたのです。

「貴方はまだ未経験でしょう? その大切な経験は本当に愛する恋人とともにするべきですよ。お気持ちだけ頂いておきます」

顔を赤らめてうつむいたその女性をタクシーに乗せ、見送ったのですが、その女性の肩が小刻みに震えていました。

私はガックリ肩を落としましたド真ん中にどストライクだった為に、マズ過ぎたのですせめて球ひとつ右か左にそれていれば

ホテルでベッドに潜っても、(据え膳食わぬは何とやらだったのか。いやいや。家庭を壊してしまってはアカンのや)と悶々とし、一睡も出来ませんでしたァ。

(><。) え~ん、え~ん、え~ん。

私は、混乱しました。

 

でもって、火曜日。その日は、別にトップセールスを行った会社から、何とアメリカの企業で弊社の商品(?)に関心を寄せてくれたところがあり、別件でその企業の人たちが来日し、私が呼び出されたのです。

10:00から会合スタート。相手のアメリカ人は3名で、英会話が下手な私はその日本の会社の社員を通訳にして会話。すると商品(?)をカスタマイズしてほしい旨、注文を賜りました。来年2月にまた来日するので、アメリカ企業側への可否の返答はその時で良いとのこと。昼食を挟んで4時間は話し合っていました。

世界進出はまァ目標であったことから、良い話をもらったのですが、弊社がスタートするのは年明けの1/1付け。どうなるのか、一抹の不安を抱えて帰途の新幹線に乗りました。何か、この件でも混乱を来しました。

 

で、一昨日。水曜日。月曜日から会社では、元ひきこもりの人たち・精神障がい等級3級の人たちをグループ分けをし、会社訪問をさせ、実際に職場見学をしてもらい、また改めて事業内容と従事してもらう仕事についての説明をし、「やってみたい」と言う人たちに例えば、1日3時間・週4日勤務等々就労希望日数・時間を第三希望まで出してもらっていました。昨日で4ヶ目。

元農水次官の判決が6年と出ましたが、元ひきこもりの人々も家族も大変です。千差万別。発達障害の人もいます。ただ、精神障がい等級3級の人たちとも共通していることは、皆が大なり小なり社会不安障害(SAD)を抱えていること。社長が絶妙なタイミングで言います。

「皆さん、本当によく頑張っていますね、頑張っていますよ。ここ(会社)まで来て下さったことを心から嬉しく思います」と。

その職場見学と就労希望者の意向聞きを昨日まで行っていました。そうしたら、かなりの数。

 

一昨日・昨日と上のアメリカ企業からのカスタマイズ意向の件をIT管理者2名に話したら、イケるとのこと。

また、一昨夜・昨夜と起業アドバイザーになってもらっている、きんどーさんに夜に家に来てもらい、そのアメリカ企業の条件に則って、起業プランの見直しを図りました。『NW9』とかを見ながら。

 

すると一昨夜、桑子真帆キャスターが「アニメ! 行きます!」と。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191215172820j:plain

 

私、きんどーさん、神さんは、(え? ガンダム?)と。私ときんどーさんが中2、神さんが小2の時に『機動戦士ガンダム』の放送が開始されたのですが、私たち3人はガンダムを苦手にしていました。嫌いでした。面白いと思わなかったのです。また、私たち3人にはガンダムを嫌う、決定的シーンがあるのですが、それが『NW9』で流れたのです。

それは

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191220104804j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20191220104821j:plain

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191220104847j:plain

 

 

ブライトがアムロの頬を張った際に、アムロ

 

「よくも二度も張ったなオヤジにも張られたことのない、この顔を!」

 

の迷シーン。

 

(― ―;) ←私&きんどーさん

 

(― ―メ) ←神さん

 

アムロはまァ、ほぼ私ときんどーさんの同世代でしょう。しかし、このド田舎、いや、東北において、私たち世代は親父は当然、親父以上に母親に激しくビンタを張られて成長したものです。神さんは東京でしたが、母親が躾に厳しく、バンバンひっぱたかれて育ったのです。だから、この迷シーンが大嫌い。

 

ガンダムの作者がガンダムを通して、グレタさんの様に、今の若い世代に地球を永続的なものにするように(?)考えてほしい。30、40、50代ではダメだから」的なことを言い、取材に行った有馬キャスターが「反論したいところもあったんですが」と言いました。

グレタさんは

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191220111229j:plain

 

私たち大人、すなわち30、40、50代の人間に「世界を、地球を変えろ!」と怒っているんですよ。世界規模で20代以下の若者よりも、30~50代の人間の方が多数派なのだし。本当に世界中の30~50代の大人が世界を、地球を変えようとしないと、もうマズイんですよ地球、まったなし! 私はレアものの、超弩級のレーシングカー、RUF・BTRを売り払いました。会社だって地球温暖化対策を採らねばならないのです。会社でリース導入した車3台は日産NOTE。内1台を私と社長、通勤で使っています。

 

それはさておき、会社、元ひきこもり・精神障がい3級の人々、昨夜までにやりくりをして就労時間・日数を希望通りに当てはめて行ったら、全員、何とかピタッと収まりました。

 

社長NPO社会福祉事業所に行って、報告をしています。

 

私はカスタマイズについて考えます。

 

 

 

 

 

神さん・貞操を守ったオラを誉めてけれ・ラブ。