NHK女子アナについての意見交換の結果・NHK上層部に喧嘩を売った感が否めません

 

私が9月に、ふいに『私の選ぶ(好きな)女子アナ・ベスト10』についてアンケートを取って、集計を出してみたいと思い、その結果を9/26に載せました。

 

まぁ、その頃、私と神さんは某女子アナについて、「アイツを立てておかないと、桑子アナや井上アナがマズイことにならないか」と意見が一致し、その某アナをよいしょすることを書きました。ただ、アンケートの集計結果に嘘偽りは一切ございません

 

けれども、その集計結果から約2ヶ月半が経ち、その間、私の友人たちとその妻君、神さんの友人たちとその夫と電話で、女子アナについてあれやこれや話をしていたら、不気味なくらいに、いろいろな面でシンクロしていることが分かったのです。

 

 

***************************************

 

先ず第一に、ロリコン、じゃなかったオリコンを始め、各雑誌のweb版の女子アナ人気投票ランキングで常に上位に出てくる

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191211113834j:plain

 

有働由美子。私と神さんはどうも好きになれないのですが、それはアンケートを送った人々も同様でした。

私と神さんは嘗て『あさイチ』を見た時に、有働が朝ドラに感動して涙を流したまま番組スタート、となるのが不快だったのです。いや、人間、物事には感動を覚え、その際に涙して当然です。けれども、『あさイチ』の女性司会者、プロである人物が何度となく感動の余り涙しながら番組スタートはない、と思うのです。

また、『あさイチ』には嘗てゲストがよく出てきたものですが、有働のゲストへの突っ込みが唐突に本題から外れて暴走するケースがしばしばあったのです。この有働の暴走を男性司会者の井ノ原快彦が上手くまとめ上げて、コースアウトさせることなく本題に戻すと言うシーンが度々見られたのですが、私と神さんは、そんな有働を不快に思ったものです。

 

そうしたら、私の友人たちとその妻君、神さんの友人たちとその夫も「全く同じだ」と言ったのです。それが有働由美子を嫌いな理由だとも。私以上に毒舌な友人は、「有働は、そんなとこ全くのアマチュア、ド素人に過ぎない」と切り捨てました。

 

そうなると反対に賞賛の声を集めるのが

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191213103930j:plain

 

近江友里恵アナ。近江さんは常に男性司会者を立てて、ゲストに突っ込みを入れる際も多分、(足りないな)と瞬時に判断をして行っているものと思われます。その突っ込みをおごそかに行うことも、賞賛を集める大きな理由でした。

だからと言って、近江さんの存在感が薄くなるということは全くなく、テレビカメラが近江さんをとらえた時には力強い存在感を知らしめます。

「これぞ、プロ!」

と言う賞賛の声を近江友里恵アナは集めています。女性からの支持が大きいことも特徴の一つですね。

 

 

***************************************

 

 

一方、私の友人たちと神さんの友人たちの夫勢、すなわち男性陣から圧倒的に1位の得票を集めた、敢えて名を秘す某アナ。それらの人々から9月末か10月初頭に

 

「アンケート、やり直し!」の大きな声が上がりました。いや、私と神さんのスマホに電話が来た来た。

 

皆、『フライデー』に載った写真よりも、ネットに流出した

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191213110835j:plain

 

この写真を見て

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191213110950j:plain

 

この写真をして、「出来レースだったのでは? 上層部に講談社電通に顔が利く者がいて、この写真が何を意味するのか分からないものの、その者が撮らせた可能性がある」と言ったのです。

いやいやいや。この某アナを1位に推した人たち、悪くても3位以上に推した人たちは失望してしまったようです。

皆が皆、コメントに記してきたんですよ。

多かったのが

まだ人気に実力が全然追いついていないものの、一生懸命に頑張っていることが伝わるので、将来性を買って」

「緩い報道の際には一人称を『アタシ』と言うことがたまにあり、ガクッとなるものの、将来性を買って」

かな。

ですが、上の写真のせいで某アナは、デキるオジサマたちの「期待」を踏みにじっちゃったのです。

皆が皆、「可愛い、可愛い」じゃないんですよ。この場合には皆が皆、地獄の90年代~2005年の15年間を生き抜いて、大企業等で偉くなった人たちばかりですから、キチンと見ているんですよ。

 

 

***************************************

 

 

他方、揺らぐことのない高評価を得ているのが

 

先ず

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191210084113j:plain

 

桑子真帆アナ。桑子アナは男女を問わず、最近、ますます人気。決して「オジサマ・キラー」ではないのです。女性からの支持率も高い。

ピョンチャン・オリンピックや昨年の紅白での言い間違えを気にする人は皆無。むしろ、時々言い間違えをすることで桑子アナを身近に感じると言う人ばかり。

弊社の年若い乙女勢に訊いても同様で、しかも「憧れの女性」。

皆、判で押したように言います。

「普段のキャスターとしての桑子アナには安定感もいっそう増し、離婚後にはさらに女性としての魅力も増した」と男女を問わず言います。

私が、「懐の深い、大海原のような母性が出たよね」と言うと、皆が皆「そう! そう!」。

また、私が、「最近さぁ、何か桑子アナにしとやかさが加わっていない? そう感じない?」と訊くと、皆が皆「ああ、そうだぁ。加わった! 加わった!」と。

「ともかく、アドリブでのコメント力がすげーよなぁ。桑子アナの頭の良さが発揮されている」と私が言うと皆が皆、同意。

 

何かNHKの上層部さんとは真逆の評価になっています、某アナと。私の周辺の人たちばかりですが。

 

 

次に当然

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191211102052j:plain

 

井上あさひアナ。

あさひたんの実力の程は、改めて記すまでもないでしょう。

昨夜、一昨夜と、私に電話をしてきたオジサマたちは、火曜日に「あさひロス」になり、深酒をしたらしいのですが、妻君から

「第一子を出産した後の武内陶子アナはより魅力的になったでしょう。それを踏まえれば井上アナもこれからが旬ですよ」と異口同音に言われ、立ち直ったそうです。

あと、井上あさひアナも女性からの支持率が極めて高いですね。

 

 

***************************************

 

 

私たち世代の夫婦や神さん世代(団塊ジュニア世代)夫婦は

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191212115856j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20191212115927j:plain

 

森田美由紀さん、武内陶子さんをしっかりと経由していますので、どうしても実力重視になります。

 

 

***************************************

 

 

あと、実力重視で思い出したのですが、最近、急に評価が高くなっているのが

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191213122945j:plain

 

見事な英会話能力を有し、素晴らしいアナウンス力も併せ持っている星麻琴アナ。タピオカいくら丼(?)を食べた時の美味しそうな表情、ケーキを巡るリポートの際には、食べたい、食べたい感満載の女子力も見せてくれ、その表情も素敵。

ああ、でも消費税増税の前に買いだめしておきたいものにビールを挙げていたけれども、風呂上がりにビールをなんてオヤジ化してはいけませんよ。

 

あと

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191213124048j:plain

 

首都圏の人たちがいちオシなのが、中山果奈アナ。記憶違いなら申し訳ないのですが、「南海トラフ地震」を扱った番組でナレーションを務めたのが中山アナだったと思うのですが、本当にお見事でした。

 

何か、NHKの上層部に喧嘩を売る内容になっちゃったな。

 

 

 

 

 

神さん・いいよね、家と会社の両方で受信料を納めているんだから・ラブ。