NHKの新会長に望む

 

いや、昨夜、勇気を振り絞って『ニュースきょう一日』を見ました。

そうしたら

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191211102052j:plain

 

井上あさひアナ、良い意味でたいへん変わっていて、私と神さん、びっくり仰天。

元々が落ち着いた井上アナ。その落ち着きが盤石なものとなり、また、発声も変わっていて、より聞きやすくなっていたからです。

こうなったら、井上あさひアナ、これからが「旬」だと言えます。

 

ただ、エアロスミスさんが、「う~ん、やはり画像加工ではなく、本当に結婚指輪をしていたのでしょうか?」と言い、録画していたDVDを再生してチェックしようとしましたが、私が制しました。

「スローサーチと一時停止を何度も繰り返して、超細かいものを見る訳でしょう、何度も、何度も。そうした場合、一種の集団催眠の様なもの陥ることがあるんですよ」

と私が言ったらカウンセラーさんも同意してくれ、「仮に画像加工ではなく、本当のものがあったとして、それを見抜いた人は或る意味、変態ですよ」と言いました。

「じゃ、やめます」とエアロスミスさん。「でも、きんどーさんがツイッターにコメントを入れた奴は、返信してこないんだよなぁ。画像加工じゃなく、本当だったら然るべき反論があって当然なのになぁ」と私。

これは昨日のことでしたが、私、案外早く立ち直れそうです。

 

 

***************************************

 

気になったのは、昨夜の『NW9』。

いつも穏和なAさんが冒頭の約3分少々、ぷりぷりしていました。これは昨夜の『NW9』を見た人が声をそろえて「Aさん、珍しく何か怒っていましたね」と言いました。

 

もしも、もしも、ですが。

 

「何だこのバカヤロー桑子さんをさっさと1位にしろ!現在の1位2位をひっくり返せばそれですむことじゃねーかあとなぁアイツを出すことはまかりならんアイツだけはダメ絶対にダメ後なんかお前気が多すぎるようだが星麻琴さんを忘れてねーか星さんも入れろああそうだ近江友里恵さんだっているぞ近江さんは大人しくTBSで歌番組の司会者をしていれば良かった久米宏がゲストに来た時に久米宏NHK批判をしたけど近江さんは立派に反論したんだぞそれこそ乙女のなかの乙女じゃねーかいいかお前わかってんのか桑子さんの方が遙かに地頭がいいんだぞアドリブで機転の利いたコメント満載なんだからなぁ・・・・・・etc」

 

だとしたなら。

 

いや、昨日、ブログを書くに当たって思案をしたんですよ。それで、一旦、全てを更地にして、力の多極分散を願って記したのですぅ。力も一極集中はマズイので~。

 

 

***************************************

 

 

何でもNHKの新会長に元みずほFG会長の

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191211111311j:plain

 

前田晃伸氏が就任するそうな。そうしたら上層部の人たちに言ってほしいことがあります。

 

「私が先に申し上げた通り、視聴率は余り気にしなくても良いかと思います。

NHKも『紅白』と『大河』、『朝ドラ』は視聴率だそうですが、『紅白』、2019年の今日にも視聴率が40%に達した・達しないとか余り気にしなくても良いと思われます。

1970年代末までは、まだ娯楽が少なかったので大晦日には『紅白』を見る世帯が多かったものです。しかし、今は娯楽が多数あり、人々のニーズも多様化しています。それでも視聴率が30%超えとはまさにお化け番組ですよ。あの『太陽にほえろ!』のジーパン刑事殉職の時の視聴率を上回っているのですから。

問題は質です。長年、女性総合司会者は男性総合司会者のサポート役とされてきて、事実そうでした。ですが、今は女性が強い時代ですから、女性総合司会者がその圧倒的存在感で男性総合司会者を上回る必要があります。

私は有働由美子氏が苦手でしたが、その有働氏が、まさにそうしたのです。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191211113834j:plain

 

この点について私は有働氏を高評価しています。視聴者は何も出場歌手だけでなく、間を埋める総合司会者の活躍をも期待しているのですから。

そして、その有働氏の後を見事に引き継いだのが

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191211114323j:plain

 

桑子真帆アナでした。ウルトラマンにまでなって。

まぁ、今回の人事は済んだことですから私は何も言いません。

確実性を重視したそうですが、その確実性以上に重要なものがあるはずなのです。

女性が強い時代にあって、今回、質で結果を出すことができねば、また更迭を考える必要があるでしょう。

『大河』は『いだてん』、視聴率の低迷が他のマスコミの攻撃の的になっていますが、現代物である以上、仕方がないんですよ。昔、『大河』で現代物を扱って視聴率がコケたことがありますが、気にしなくていいと思います。視聴者が望んでいるものは時代劇なのですから。あぁ、いやいや。時代劇の時代とは『時代を切り拓く』と言う意味があるそうですが、ヤバイなチコちゃんに叱られる

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191211115453j:plain

 

そう言う意味ではオリンピックを通して時代を切り拓いた『いだてん』は正しかったのです。渋沢栄一を主人公にしたものを扱うそうですが、質の高いものを制作して下さい。

次に、私は銀行にいたからよく分かることがあります。ほら、銀行は女性行員の数が多いでしょう。上層部の皆さんが一人の人を寵愛することはやめて頂きたい。女性間ではドロドロしたものが渦を巻きます。力もですね、一極集中ではなく多極分散が望ましいのです。先に人気女子アナの方が結婚していたことが報道されましたが、そうした人も、ウルトラマンになってまで『紅白』を盛り上げ番組の質に貢献した人をも、公平に評価して然るべきです。

あとですね、何なんでしょうね、あの『ごごナマ』。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191211121816j:plain

 

あのおしゃべりオバちゃんに終始している美保純とやらを即刻始末し、女子の局アナを起用して下さい。トーク番組とは頭が良くないと務まらないんですよ。幸い、NHKにはハイスペック女子アナが大勢いるのですから、そうした人的資源を有効に活用して下さい。あと、あの加齢臭がするような男性芸能人も不要ですね」

 

 

 

 

 

神さん・はい、NPOに行きましょう・ラブ。