台風19号&先週の大雨被害・顛末記

 

いやいや。昨日は会社の全員4人で我が市から約28キロ離れている市に、台風19号と先週の大雨被害のボランティアに行きました。

事の発端は卓球さんと合唱さん。神さんが即位礼正殿の儀の22日朝に風邪を引き、それがまだ完全に治っていないことから、26・27日、土・日のボランティアに卓球さんと合唱さんだけで隣の市に行きました。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191101084043j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20191101084131j:plain

 

そして月曜日のことですが、お二人から隣の市は何となくながら片づけの目処が立ちそうだけれども、ボランティア不足から約28キロ離れた市がピンチだと言う話を聞きました。

とは言え、会社のこともあり、イントラネットの構築をし終えなければ、元ひきこもりや精神障がい等級3級の人々の受け入れ体制が整いません。ので、彼女たちが月曜~水曜日に作業において鬼神の追い上げを見せ、昨日、4人で約28キロ離れた市のボランティアに行きました。

因みにカウンセラーさんと保健師さんは、先の隣の市で無償で働いています。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191101085116j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20191101085147j:plain

 

その約28キロ離れた市に車で入るや否や、私たち4人は我が眼を疑いました。

 

なるほど、台風19号から約3週間が経ちますから、被災家屋等の泥出しはかなり進んだ模様でした。けれども、被災家屋の中をちら見するだけで、被災した家具等々がまだまだ屋外(被災ゴミ置き場)に出されていないところが多数。

 

(どうなってんだ・・・・・・)、私は車を停めて、他の3人と車を降りながら思いました。

それでも、少人数ながら他のボランティアの人々と、被災家屋の主と話をして、許可を得た被災家具等々の搬出作業に従事。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191101090458j:plain

(写真はイメージですよ)

 

数件の被災家屋と被災ゴミ置き場を往復した後で、他のボランティアさんから話を聞いたところ、今回の台風19号、千葉県・中部地方を含む東日本の太平洋側全域という広範囲にわたるもので、その上で、死者・行方不明者が出ておらず、またマスコミにも取り上げられていない地域にはボランティアが集まらないらしいのです。

 

火曜日に茨城県に住む従弟の息子さんと電話で話をしたら、同様なことを言っていました。

 

(ボランティアと言っても、普段は仕事をしている人が多いからなぁ)と思いました。

 

その市にしても従弟の息子が住む茨城の市でも、ボランティアの即戦力となったのは高校生だったそうです。けれども、高校生だって授業があります。

 

その後、黙々と作業をして、お昼休みにおにぎりを食べながら合唱さんが

「この市沿いに南へ下ったところも、こんな状態なんじゃないですか。先が見えませんよ」と言いました。

ただ、私は東日本大震災の時と比べて、何かが違う、と言う漠然とした思いに囚われていました。なるほど、東日本大震災の折りには首都圏等から多数のボランティアの人々が駆けつけてくれました。でも、何かが違うのです。

 

それから午後も、私たち4人は分散をし、他のボランティアの人たちと黙々と作業をしました。

けれども卓球さんも合唱さんもパワーがあります。神さんが見かけに寄らずパワーがあることは当然知っていましたが、卓球さんと合唱さんも。

 

ところが夕暮れ時になって、他のボランティア男性から私が感じていた違和感を解消する話を聞きました。それは、東日本大震災の折りには、岩手県宮城県福島県原発事故の影響を受けない沿岸部に、短期間ながら政府がカネを出して、「清掃人」(?)を送り込んだらしいのです。当時は民主党政権。私は、(ああ、そうか)と思いました。

 

『清掃人』と呼ぶのが正しいのかどうか分かりませんが、その多数の人が神戸のY組で組織されており、Y組・故・三代目の「わしらヤクザもんはカタギ衆が困っている時には力にならねばならん」と言う教えに従って『清掃人』を買って出てくれたのです。まぁ、食えない下っ端がカネ目当てで動いたのでしょうけれども、短期間ではあったものの、そのお陰で助かったのです。

その教えは、東日本大震災の折りに東北被災三県のY組傘下の暴力団が炊き出しで沿岸部に出ていたものでした。反社会勢力である暴力団が炊き出しを行っている様子をテレビが報道することはありませんし、地元新聞紙にも載りません。

けれども、そう言う事実があります。

 

ただ、そのY組が今、3つに分裂し、六代目Y組の若頭が出所した云々で話題なっている状況下ではY組のマンパワーを当てにすることは不可能。加えて、自民党の子飼いの暴力団であるI会とS会など、えげつないことばかりし、カタギ衆に迷惑をかけているばかりで何もしません。

 

私は頭をかきました。

 

18:00に私たちは撤収をし、帰途についたものの、その事を神さん、卓球さん、合唱さんに話をしたら「なるほど」と頷きましたが

「ですが、被災家屋には黴が物凄く、今後、衛生上の問題が出てきます。幸い冬に向かいますから菌の増殖は軽減されると思いますが。でも、千葉県や長野県、北越地方、あと報道がなされない茨城県とかも含めて、先の見えない闘いです。雪も降りますので、来春にまでは片づくのかなぁ」

と合唱さんが思いっきり不安になることを言いました。

 

帰宅後、風呂に入りながら私は

(ん? 自民党政権に戻ってからの熊本大地震北海道大地震西日本豪雨被害の復興の程はどうなんだ?)と思いました。

 

ところで、『NW9』

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191026121450j:plain

 

最強の軍神・アキレスについて、最近、よく左斜めからの顔のアップを映しますが、桑子真帆キャスターの美をよく理解していると思います。

 

また、昨夜の『ニュースきょう一日』での井上あさひキャスターの美は完璧でした。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191101103004j:plain

NHKさま。著作権がおありでしょうが、ご勘弁下さい)

 

 

それはともかく

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191101105435j:plain

 

ハロウィーンで渋谷に集まっているガキども! 千葉県に行って、行政と掛け合い、夜を徹してボランティアをしろっ! むかつく!  軍神・アキレスの怒りをかってからでは遅いぞ!

 

ん? 東京オリンピックIOCのマラソン、札幌変更問題?

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191101111550j:plain

 

そもそもオリンピック招致委員会や阿倍晋三が

「温暖でアスリートに最適な気候」「汚染水はコントロールされている」と言う大法螺ぶちかましの果てのオリンピックなので、オラ、知らねーだ。

こっちは太陽神・アポロンの怒りをかうだろうなぁ。

 

 

 

 

 

神さん・しかし台風19号と先週の大雨被害の後片づけ、ハンパないよ・ラブ。