神さん、ジャズ・ピアノとレッド・ツェッペリンで弾ける!

 

去る10/2にカウンセラーさん、保健師さんと食べて飲んだ際に、お二人が、神さんが大学在学中に駆け出しながらプロのジャズ・ピアニストだったと言う話を聞いて

「是非とも今度(プレイを)聴いてみたい」という要望が出たことから、昨夜、ジャズのセッション・バーでお二人と落ち合いました。

私は(ドラムもベースもアマチュアが演(や)るのだから)と思い、神さんとバーへ向かったのですが

(でも、玲ちゃん、俺と所帯を持ってからドラマーやベーシストを交えて人前でプレイすることが無かったんだから、玲ちゃんの日頃のストレス解消になるか)

と軽い気持ちでいました。

 

ところが、そのバーに着いたら

カウンセラーさんと保健師さんが先に来ていたのはいいとして

名前は伏せますが有名なプロのジャズ・ベーシストとプロのジャズ・ドラマーの姿がありました。その二人と神さん、私は何度も会話を交わしたことがあるので挨拶をしました。何でもCDデビューはしていないながらも凄腕の若手女流ジャズ・ピアニストとのライブがこのド田舎で昨夜(これを書いている今から起算すれば一昨夜)にあったことから、一緒に来た、とのこと。今日(これを書いている今から起算すれば昨日)東京に帰らなかったのは、休みを入れて、東日本大震災の大きな被害に遭った沿岸部の復興の程を見たかったらしいのです。ありがたや。

 

そして暫くが経って神さんがピアノの椅子に座ったら

「俺たちがバックをやりますよ」とベーシストとドラマー。凄腕の両名。そして三人で曲の打ち合わせ。

それから神さんの短いピアノ・ソロから曲が始まったのですが、何とチック・コリアの『スペイン』。ベーシストとドラマーが曲に入ってから神さんは飛ばしまくって、縦横無尽なインプロを交えてベース、ドラムとのインター・プレイを。

 

私は内心

 

(/゜□ ゜;)/

 

となりました。

 

(玲ちゃんのプレイ、凄い! 明らかに俺と所帯を持つ前、プロの頃より遙かに上手いし、凄い!)と私は思いました。私がちらりと若手女流ジャズ・ピアニストの顔を見ると、彼女の顔から血の気が引いていました。

 

インター・プレイに次ぐインター・プレイ。20分近くはプレイをしていました。場内に大きな拍手の渦が。神さん、笑顔、笑顔。

 

その後は『ソー・ホワット』『ルック・オブ・ラブ』『マイ・フェイバリット・シングス』『サマー・タイム』『オレオ』『サニー』でスタンダード曲ばかりでしたが、僅か6曲で2時間近くを演(や)っていました。

私は衝撃と感激の余り、写メを撮るのも忘れていました。特に、スローな曲で、途中で『リンゴ追分』を交えた『サマー・タイム』が大西順子ばりのリリシズムに満ちていて感激。

 

いや、それは

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191009093116j:plain

 

大西順子

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191009093213j:plain

 

山中千尋

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191009093407j:plain

 

上原ひろみ

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191009093447j:plain

 

このグレース・マーヤには及びません。さすがに。この4人は天才中の天才、本当に神なのですから。

でも、この4人を除いて、神さんを上回るジャズ・ピアニスト(男性含む)は? となるとまるで思い浮かばなかったのです。小曽根真? あんなのただの下手くそです。

 

場内はドえらい盛り上がり。大きな拍手が鳴りやまない。カウンセラーさんも保健師さんも笑顔で大きな拍手を延々と。

 

そしてアンコールの運びとなり、またも3人で曲の打ち合わせ。

 

それから飛び出したのは、レッド・ツェッペリンの『ロック・アンド・ロール』。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20191009094742j:plain

 

「ZEK3」の様にギター・パートとボーカル・パートを神さんがピアノでプレイしたのですが、場内が「ろーんり、ろーんり、ろーんり、ろーんり、ろーんり・タイム!」の大合唱。神さん、最後にはスケール・チェンジをいくつも交えながら、ジミー・ペイジのギター・プレイばりのソロを展開。

4分強の曲ですが、神さんのインター・プレイが凄く10分以上は演(や)っていました。

その間、3人はアドリブで息を合わせてお客さんたちに何度も「ろーんり、ろーんり、ろーんり、ろーんり、ろーんり・タイム!」と大合唱をさせました。

 

いや、神さん、「ZEK3」の影響で『ロック・アンド・ロール』他を(清水くるみに負けるものか!)と練習をしていましたが、まさか、ここで大きく花開くとは思いもしませんでした。

 

これは神さんに定期的に人前でプレイをさせねば、と思いました。きんどーさんのバンドに加えてもらうとか。

 

***************************************

 

それからカウンセラーさんと保健師さんを伴い二次会を終えて帰宅しましたが、神さんがシャワーを浴びている間に考えました。

そして神さんに訊きました。

 

「6月末まで君は専業主婦だった訳だけれど、それで良かったのかな? 後悔していない? プロのジャズ・ピアニストをやめちゃったこと」と。

 

神さんは冷蔵庫から缶ビールを取り出して一口飲んだ後で言いました。

 

「全然後悔していませんよ。大西順子さんの『WOW』を初めて聴いた時に、こんな人がいるのなら私なんてシーンにもジャズ・ファンにも必要とされないちっぽけな存在でしかないことを思い知りましたから」

 

いや、大西順子と比べたらアレだけれど・・・・・・。

 

 

 

 

神さん・きんどーさんにバンドに入れてくれるよう掛け合うからね・ラブ。