皆様に詐欺電話はかかってきませんか?

 

じみーちゃん、@オフィスです。冷房がいい感じで効いています。

オフィスの中を写真に撮ってアップしたいのですが、神さんから「もしも地元の人が見ていたら」と言われましたので、残念ながらアップできません。しょぼん。

 

***************************************

 

ところで皆さんの家に詐欺電話がかかってきませんか? 我が家には時々かかってくるのです。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190820083526j:plain

 

私が最初に詐欺電話に遭遇したのは、2004年のお盆休みに実家に帰省した時。

その日の朝、私はまだ健在だったトト様と喧嘩をし、ふて腐れているところに家の電話が鳴り、澱んだ重い声で「はい」とだけ言って電話に出ました。すると電話の向こうから、「大変です。貴方の息子さんが車で『当たり屋』に当たってしまい、高額な金額を要求されています」と言うものでした。私は(これがオレオレ詐欺の一種か)と思い

 

息子は一昨年に死にました。煙草の吸いすぎでスキルス性の肺ガンになり死にました。享年24歳でした。どなたか存じませんが、息子のご友人でいらっしゃいますか?」

 

と言いました。そうしたら電話の相手が「あわわわわ。それはご愁傷様です」と言い、ガチャンと電話を切りました。

 

(バーカ。おめーが話していたのがその息子だよ)

 

( ̄▽ ̄) と私は勝ち誇りました。

 

それで翌々年早々に父が旅立って、その後、私が帰郷してから今日までけっこうな詐欺電話がかかってくるのです。

私は或る時に気づきました。

それは詐欺師は古い電話帳を何冊も用意していて、「こいつは長いこといるようだからボケ老人に違いない」と狙いを定めて、電話をかけてくるのです。私は父の死後の後処理をぬかりなくやったのですが、たった1つだけド忘れしていたものがありました。それは電話の名義変更。我が家の電話の名義はまだトト様なのです。

だから、「こいつ(私のトト様)は長いから、ボケているだろう」と何冊もの古い電話帳で確認をして詐欺電話をかけてきます。

 

それで昨夜も詐欺電話がかかってきたのです。

 

お父さん、オレオレ。オレだよ。ゴメン。ヤクザ相手に人身事故を起こしちゃって、大変な金額を要求されているんだ。相手はヤクザだから、警察に連絡したら、俺、海の底なんだよ

 

私は大きなため息を吐きました。

 

実は私の息子は性同一性障害でして、本当に本当に長いこと苦しんでいました。ですが、6年前から女性化する為の手術を繰り返し繰り返し行って、今年の1月に息子は晴れて女性になれたのです。女性になってからと言うもの、オナニーに耽ると女性であることを実感できるらしく、今、自室で枕を使ってオナニーをしています

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190820091016j:plain

 

「あわ、あわ、わ、わ、失礼しました!」 ガチャン!

 

(・・) 「???」(←神さん)

 

でも、何故か神さんが電話に出た時には詐欺電話がないとのこと。

 

高齢のお父様をお持ちの方はくれぐれも注意して下さいね。

 

あと、他に多いのは訳の分からない勧誘の電話!

 

今では少なくなりましたが、2010年頃まで『ブライダル・センター』と名乗る電話が多かったのです。

それこそ詐欺電話かと思われるのですが

女性が電話で勧誘をしてくるのです。

 

いえねぇ、私の息子はゲイでして、クイーンのフレディ・マーキュリーを神と崇めております。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190820092307j:plain

 

この日本では同性婚がなかなか認められない状況(当時)ですし、また結婚相手の男性を探すのにも難儀しております。お宅様で、そうした方向性の男性をご紹介頂けるのですか?」

 

「あわ、あわ、いや、私どもでは」 ガチャン!

 

 

***************************************

 

あとはPCの詐欺メール。

 

これは私が失敗したのですが、2009年に『出会い系サイト被害』というものを新聞で知り、(どんなものなんじゃろ)と、或る出会い系サイトに登録をしてみました。その頃は、相手方もしっかりしていて、年齢確認の為の身分証明証の提出、サイトへのプロフの登録(顔写真も載せる)をしないと、サクラ・メールが来ないという仕組みでした。それを3件くらいしたのかな。

 

そうしたら来る、来る、サクラ・メール。我が県の貧困地域に何とか財閥があって、そこのあととり娘? ふーん、我が県の貧困地域(言い過ぎか)に財閥ねぇ。その前に日本では戦後にGHQにより財閥解体がなされたのでは? しかも、サイト内を検索すると美女ばかり! こんな解りやすい構図もない。

 

確かに2009年頃までは出会い系サイトの被害に遭った男性も多かった模様。これはニュースが悪かったんですよね。2004年頃までに出会い系サイトで知り合った男女が心中自殺をしたのが何件かあって、『出会い系サイト』とアナウンサーが言ったことから「会える」出会い系サイトもあるんだと信じてしまったと言う。ニュースで報道されたサイトはYAHOO!のものだったのです。

 

それはともかく、それから今日まで訳の分からないサクラ・メールがしこたま来ます。PCのメアドの売買が行われているそう。今では、私は東京在住の人間年齢も34歳になっています。

しかも

『余命8ヶ月のみすず』さんからもうかれこれ3年はメールが来ています

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190820102851j:plain

 

え? 何? マッチング・アプリ? はい。昨年の2月に試してみました。そうしたらサクラ・・・・・・。サイトがコインを買わせる為に、あれやこれや。YAHOO!のですけれどもね。

 

 

 

神さん・さもしい世の中だね・ラブ。