参院選・やはり自民党、圧勝か

ああ、いやいや。そこのお父さん、自民党支持でもいいのですよ。

ただ私が好き勝手に書いているだけですから。こちらこそ、反・自民党政治を標榜することばかり書いて、申し訳なく思います。ですが、現憲法において『言論の自由』が許されている限り、私の罵詈雑言のほど、ご寛恕下さい。

 

***************************************

 

出口調査でもう自民党が圧勝することは明白でしたが、その通りでした。20:00になって選挙速報が始まった段階で私は(うーむ)となってしまいました。

 

ただ投票率が16:00段階で22.4%(だったかな。間違っていたら申し訳ありません)で、(嘘だろ?)と思うほどの低投票率だったことは確か。

 

一応、私のスタンスを明確にしておきますが、私は幼い頃より保守派で今日に至ります。けれども、「目白の親分」が首相の時から自民党を信用できなく、無党派になりました。高校生の時に独学で経済・政治・社会を勉強し、大学でそれらをさらに熱心に勉強したら、『超積極的無党派』になりました。

 

されど、私と神さんは今の阿倍政権にNO! と言う為に投票所に行き、自民党以外の候補者と比例代表では自民党以外の政党に、清き一票を投じてきました。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190721214816j:plain

 

それで昨夜に神さんと自民党盤石の原因を話していたのですが、やはり大きな理由に野党に支持基盤を持たない大きな政党がないことがあると思います。

 

そんでもって、まぁ昔の社会党は口に出すのも恥ずかしい体たらくでしたが(55年体制をして2大政党制とは言いません、念のため)、支持基盤が国鉄を除く多くの労組だったと言うのがあります。

そう、労組。

だから、昔は「農村部は自民党が強く、都市部は社会党」と言われていました。

 

ほいでもって90年代に不毛な政党の離合集散が生じ、自民党内左派が中心になって民主党ができ、その際に、多くの労組が社民党を見限って民主党につきました。

しかし、その1998年の時点では、もはや多くの労組が形骸化しており、労組の組織票をもたらすことは出来ない状態になっていました。

労組の組織票が強かったのは、1979年頃まで。その後の18年間において労組の力、求心力はガタ落ちになっていましたから。

 

それで民主党民進党になり、小池百合子に踊らされた阿呆どもが結果として離党し、国民民主党になった訳で、立憲民主党共々に、もう組織母体を持ち得ないことが

 

 

自民党・一強の大きな要因

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190721221123j:plain

 

になってしまった、と。

 

自民党のバックには経団連他多数の支持母体がありますが。

 

自民党を若い世代が支持している、と言う報道もありましたが、それよりも自民党がやたらと強いのは上記のことからです。

 

***************************************

 

いや、6月末より神さんと起業をする為に動き出すと同時に、ひきこもり、精神に障害を持った人々を嘗てないほど思うようになり、先日から「若者の貧困」「就職氷河期世代の貧困」だけでなく、「お年寄りの貧困」についても調べ初め、なかなか頭を痛めているところです。

 

憲法9条の改正など阿倍晋三なんかより私の方が遙かにラディカルなのですが、今の私と神さんにとっては憲法改正なんかよりも社会的に弱い人々や「貧困問題」の方が遙かに重要問題なのです。

 

それが過日、正規版ではないながらも、私が行いたい経済政策を書かせました。

 

あ、言っておきますが、あの経済政策、一応高度な論理に裏付けされたものです。

その論理とやらを書くと長くなりますし、ブログではなく論文になることから書かなかっただけで。

 

***************************************

 

それで厚労省の調査によると若者の7人に1人が貧困らしいのですが、どうなんだろう、データにより存外違うんですよね。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190721224220j:plain

 

何にしても所得税減税もないまま(最高税率は上げる。私はイタいが/笑)消費税10%って、亡国の論理。

 

京都のアニメ会社放火事件の様な、ぶっ壊れた事件が多発し、日本は滅びに向かうだろうなぁ。

 

 

 

神さん・明日も頑張るよ・ラブ。