ロスジェネ問題・他・徒然

何か今になってロスジェネ問題が突然、大きな話題になっていますね。

 

政府が1993~2005年までの新卒者で非正規雇用に就かざるを得なかった人たち、40代半ば~30代半ばとされていますが、信頼のおける統計がないのですけれども、そうした人たちが65万人はいるとされており(一説には100万人)、ひきこもりも含めて3年間で「30万人雇用」を骨太方針にしたからでしょうか。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190717071536j:plain

 

でも、リーマン・ショック後~2014年まではの人々は? と思ってしまいます。それにバブル期入社の人たちだって過重労働からうつ病になり、就職氷河期に退職をし(させられ)非正規雇用で喘いでいる方々が多数います

 

私はB社の関連会社時代に優秀な派遣女性を経理正規雇用したことは何度も書いていますし、B社・海外戦略室時代に雇った4名の派遣女性もすごく優秀で正規雇用したい気持ちでいっぱいでした。ですが、当時のB社はB社自体も、また連結決算でも大赤字だったことから、それは無理でした。あの4名が正規雇用者の男性と結婚をして、幸せでいることを願っています。

 

ただ、私はロスジェネでも「中身を細かく」考えてしまうのです。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190717072836j:plain

(これは大学進学率の推移表)

 

国立の旧制二期校は良いとします。家にお金がないから、泣く泣く地元の旧制二期校に進学した人たちもいるのですから。

 

問題は私大の「大学屋」に多数の人間が進学しているという現実です。

 

少子化の進展が相まって「大学全入時代」と言われた1998年より前に大東亜帝国と言う呼称も生まれたことが「大学屋」に多数の人間が進学していることの裏付けです。

 

で、大東亜帝国を出て、何処に就職できるの? 中小企業かブラック企業でしょ?

大東亜帝国に属さない偏差値50未満の大学を出たところで、その大学が地方にあるならば、その地方にしか雇用先は無いでしょ?

 

学生の就活において門戸解放が広いB社だって(A社もだな)大東亜帝国はまっぴら御免、それらに準ずる大学屋もまっぴら御免なんです。理由は、それらの大学生にはおよそ大学生とは呼べない程度のオツムしか無いし、大学に真面目に勉強をいそしむ環境が無いからです。

それで大東亜帝国や首都圏にある大学屋を出た人々が、多数、非正規雇用になっていると言う現実があります。私の地元からそれらの大学屋に進学した人たちの多くが非正規雇用になっています。

 

先にも書いた様に、有名大学に入ってもただ遊んでいるだけの学生、遊びたいが為に緩いゼミ・研究室に入っている人の多くが非正規雇用に従事する運命にあるのですから。

 

あと、再度書いておきますが

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190717075702j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20190717075757j:plain

 

リーマン・ショック後の「年越し派遣村」に集う人々にテレビ局の人が最終学歴を訊き、また週刊誌にも載っていましたが、大卒者は私大の大学屋か旧制二期校ばかりでした。実名報道であることから信憑性は高いものと思われます。大東亜帝国、そろいぶみ。

 

あと、見逃してならないのは「大学院生(卒)」。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190717080703j:plain

 

私が大学生の頃は、大学院に入ることがとんでもなく難しかったのですが、1993年から筑波大学が大学院に入ることを簡単にしたら、「そう言う儲け方があったのか」「俺んとこもそうやって儲けよう」と国立・私立を問わず全ての大学で大学院に入ることを簡単にしました。そうしたら、大学院は就職が出来なかった人間が行くところ、または実社会に出たくないモラトリアム人間の巣窟になってしまいました。

 

普通、社会通念上、大学院って教授職を目指して勉強をする場。それが、そうではなくなった。

 

企業の採用担当者には判るんですよ、就職が出来なかったから大学院に行ったな、実社会に出たくなかったから大学院に行ったな、と。

そんな奴等を採用する企業などありませんから。戦力外なので。

私の地元にもいます。学校推薦で都の西北大・法学部に進学したものの、実社会に出るのがイヤなことから同大の院を受けたけれども落ちて、中央大学の院に入り、その挙げ句に就職先がなくてフリーターになった者が。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190717082459j:plain

 

「30万人雇用」に際して上記、全ての自業自得組・自爆組はさらにふるい落とされる可能性が極めて高い

 

私は高卒者や専門学校卒者、そして有名大学で勉強を頑張ったけれども、非正規雇用になってしまった人々が救われることを心から祈ります。

 

 

 

神さん・今日も起業、頑張ろうね・ラブ。