雇用と就活に思う

私には大きな謎とジレンマがあります。

 

それは派遣労働者派遣労働者にもいろいろありますが、主に事務系(総務、経理)とかIT関係の独身女性とします。

そうした人々は、主として最初に従事した派遣の仕事を繰り返していくつもの会社で働いていることが多いようです。

そうしたら、一定の人を除けば相応の業務に対する知識・スキルがあるではありませんか。事実、私は前に記した様に、B社の関連会社で経理に派遣の女性を正規雇用しました。かなりの知識・スキルがあったから。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190710082941j:plain

 

何故、多くの会社はそうした派遣女性を正規雇用しないのでしょうか。即戦力になる知識・スキルを要した人もいるのでしょうから。

これが謎。

 

けれどもジレンマは、そうした派遣の人を正規雇用した場合、大卒・高卒の新卒者の採用が狭まってしまうこと。これです。

 

ですが非正規雇用である派遣社員就職氷河期世代)に貧困層が多いとされていますが、政府は障害者法定雇用率の様に、派遣労働者法定正規雇用率の立法化をすべきだと思うのです。

 

そうしたら、新卒者の就職が厳しくなりまして、就職できなかった人は派遣になるのでしょうが、派遣で即戦力になれる知識・スキルを修得して会社で正規雇用してもらう仕組みをつくれば良いのではないかと考えます。派遣の人が大卒者の場合、学校歴が旧制二期校や私大の大学屋でも真面目で仕事ができれば問題ないと私は考えるのです。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190710084732j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20190710102120j:plain

 

ただ、そうした社会をつくるにしても、GDPの中成長が必要。今、景気循環が下降に転じた模様ですが、来年の東京オリンピックを終えても、政府には継続的な財政政策を行ってほしく願います。

 

あと、大卒者の就活において、東大、京大、早慶商学部以上とされる)上智、一橋、東工大旧帝大(採用の枠組みを設定している会社が多い)のみを優遇するのはどうかと思います。いざ仕事をさせてみたら、偏差値バカが多く、地頭が悪いことから仕事ができない者もいるのでしょうから。事実、私はA社でもB社でもそうした者を何人も見ています。MARCH、関関同立、旧制一期校とそれクラスの大学、日東駒専を就活フィルターで弾くのはもったいない。それらの大学には地頭の良い優秀な人材が多数いるのに。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190710090550j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20190710090608j:plain

 

A社とB社ではそれらの大学にも門戸を開いていますが、MARCH、関関同立、旧制一期校、日東駒専卒者で優秀な人々を私は多数見ています。学校歴と実社会で仕事ができるかどうかは別なんですよ。

つか、例えばMARCHに入れる人って大学進学希望者の何%? 数%じゃないですか。

 

ただね、上記、何れの大学生であろうとも遊んでばかりいる人は当然、遊びたいが為に緩いゼミ・研究室に入っている人はダメ。大学とは勉強をする為にあるのですから。

 

けど、そこでも問題があるのです。例えばこいつ。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190710091743j:plain

 

竹中平蔵。こいつのゼミはハードらしいのですが、こんなバカの下でデタラメ経済学を学んでもまるでダメ。

そもそも竹中平蔵って経済政策に関しては全くの素人。バブルの時期には労働経済の専門家。それが小泉純一郎が首相になってから経済財政政策担当大臣になった訳ですが、小泉が竹中を引っ張ってきた理由に、「友だちだから」と答えたことは有名。

そして、こいつと小泉が日本経済(同時に福祉国家)を破壊しまくったことは今になればどんなアホでも分かると言うもの。こんなバカを名誉教授にしているKO大はもう三流大学。嗚呼、我が母校の恥・・・・・・。

 

***************************************

 

いえね。神さんと起業するに当たって、営業とIT部門(一部)、経理以外の管理職に先ずは派遣社員を雇ってみようと思ったのです。そして、優秀なら正規雇用しようと目論んでいたのです。ただ、このド田舎は早婚なもので(離婚してシンママになっても派遣にはならない)、嘗て私がB社の関連会社で正規雇用した様な優秀な派遣女性がいるかどうかと言う問題に直面したのです。

 

会社がうまく行くかどうかは『人財』によって決まるのですから。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190710102522j:plain

 

以上、徒然と。

 

 

神さん・今日も頑張ろうね・ラブ。