岩本和子ちゃん・・・・・・(涙)

昨日も会社立ち上げで忙しかったです。今日もこれを書いたらあちこちを飛び回ります。神さんに「世の中の仕組み」を知ってもらう為に、一緒に飛び回らせています。また、神さんにも立ち上げる過程で考えることは一緒に考えてもらっていますし、神さんでもやれる書類作成とかはやってもらっています。何せ、社長なのですから。

 

その神さん、ジャズ・ピアノ講師の仕事は今週末で辞めることをスクールに話してきて、今後、ジャズ・ピアノは夜にジャズのセッション・バーでセッションをするとのこと。

「貴方、ギターを弾いて下さいね」と神さんは言うものの、私、オルタード、リディアン、ミクソリディアン他のスケールを知りません。怖いことを言う人です。

 

***************************************

 

さて、本当は『わたし、定時で帰ります』の最終回を見て、思ったことを書きたいのですが、私、昨日、衝撃的なことを知りました。

 

それは美熟女ヌード・モデルで有名な岩本和子さんの一件。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190627084630j:plain

 

私は岩本さんのヌード写真集を持っていませんし、DVDも持っていません。友人が持っていた週刊誌でのグラビアを見て、またインスタグラムでフォローさせられ(岩本さんから)インスタを眺めていた程度です。でも、その艶やかな美魔女ぶりがとても素敵でした。

 

その岩本和子さん、43歳にして恋人の子どもを授かったことを殊の外喜んでいて、友人に母子手帳を見せ、例え結婚しなくても「産みたい」と話していたそうです。

ところが相手の男性が既婚者で子どももいたらしく(それまで彼女は知らなかった)、裏切られた気持ちになり、自殺をほのめかしたことからファンが警察に通報し、警察が駆けつけたらしいのです。

その岩本さん、妊娠5ヶ月でしたが中絶をし、翌日、舞台挨拶に出て、その足で熱海に行き、翌日に熱海駅でその男の頬をカッター・ナイフで切りつけ、逮捕されたとのこと。

 

男が既婚者であることを見抜けなかった岩本さんが愚か、と言えばそれまでです。確かに愚かだと思います。

されど、私は相手の男が独身の振りをして岩本さんとつき合っていたことに怒りを覚えます。『恋は盲目』。一途になってしまったら、男の言うことを信じてしまうのかも知れません。

 

けれども、岩本さんのことを弄んだかの様な、その男に大きな怒りを覚える私です。

 

***************************************

 

私はAにもRにも(果てはHちゃんにも)既婚者で子どももいることを話してあり、加えて「俺のNO1は神さん。君はNO2」とまで言った上で、それでも良いと言うことからつき合っている次第

 

実はAとRの前にもつき合った女性たちがいるのですが、私は同様に既婚者・子持ちであることを話し、「俺のNO1は神さん。君はNO2」(ジミー・ペイジレスポールか?)とまで言い、それでも良いと言うことからつき合いました

 

こうキチンと話し、私はつき合うか否かの選択権を女性に委ねています。

 

***************************************

 

そもそも私が神さん以外の女性に走ってしまったのは2014年の春。

 

その前年、母が重度の認知症になり介護が必要になり、介護休職をしたいことをドアホの社長に何度も直訴しましたが、「まかりならん」とのことで辞表を出し、会社とおさらばし、母の介護生活に入ったと言う経緯がありました。それまで神さんと息子が母の介護をしてくれていましたが、息子は高3なことから、また神さんが過労から体重が一気に4キロも落ち、待ったなしでした。神さんは気丈にも「私は大丈夫ですよ」と言っていましたが、ヤバかったです。

 

そして、2014年早々に母はグループ・ホームに入居しました。

 

そんな私は、会社も辞めて、母も一安心と言うことから開放感に浸り、神さんと羽を伸ばしました。息子は大学生になりました。はい。もう、私と神さんはラブラブ一直線。

 

ところが或るリゾート場所に神さんと行った時のこと、中型バイクで颯爽と私と神さんの前に現れた女性がいました。その女性と神さんが意気投合して楽しく話していました。その流れから私もその女性とLINEを交換。その女性がバイクで走り去った後で神さんは

「あの人、貴方の好みですね」と言いました。私はあっさり「うん」と返答しました。

 

そして、それから6日後のこと。その時はAとは何でもなかったのですが、Aの店に飲みに行ったら、何とそのバイク女性がWワークでフロア・レディとしていたのです、新人として。

そして店が閉店の時間になったら、そのバイク女性が私をアフターに誘ってきて、私たちはアフターに行きました。そうしたら、その場でバイク女性が私に一目惚れをしたとのこと。私もバイク女性のことを好きだけれども、既婚者(これは既に知っている)・子持ちであることを言い、「俺のNO1は神さん、君はNO2。それでもいいの?」とも言いました。それでもOKと言うことから、その夜、神さんと結婚してから初めて他の女性に走りました。

 

帰宅して朝に私は神さんに正直に話しました。神さんは何でも直ぐに見抜く力を有しています。すると神さんは

「あら、良かったですね。すごい偶然ですね。そんなこともあるんですね」と言いました。

何でも神さんは、私が結婚してから「一穴主義」でいたことを不安に思っていたそうです。神さんに言わせれば(あくまでも神さんの視点です)「一穴主義」『欠陥男』らしいのです。されど、何度も書いた様に、神さんは『お金で女を買うことほど卑しい行為はない』と言う明治・大正時代の考えの人であることから、「お妾さん・OK」。

 

こういう流れでした。

 

ですが、私は既婚者・子持ち、「俺のNO1は神さん、君はNO2」と必ず言います。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190627095413j:plain

(これは、その年の夏に一緒に海に行った際のバイク女性)

 

でもね、でもね。

 

「私、結婚します!」

 

と、最後は私がふられる運命にあるのです何度、失恋をしたことか

 

でも、このバイク女性も楽しい想い出をつくってくれたことは確か。

ありがとう。

 

 

 

神さん・ラブ。早く書類を書き上げなさい。