夫婦は『記念日』を大切にしましょう

昨日も従姉夫婦の農作業の手伝いでした。従姉夫婦と息子のKくんは時給制の話をしてきますが、私は丁重に固辞。従姉が母のことを愛してくれ大変良くしてくれたこと、また幼い私に大変良くしてくれたこと、神さんにも良くしてくれたことの恩返しですから、「お手伝い」で当然だと思います。受けた恩というものはお金に換えられないと思います。

 

***************************************

 

それで元農林省事務次官の件や福岡の多重事故の件、思うこと、言いたいことはありますが

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190605081800j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20190605081824j:plain

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190605081851j:plain

 

これって、テロの現場じゃない?!

 

で終わりたいと思います。

 

いやはや、どうすればこうなるのか。

車を運転している以上、自分に落ち度がなくても「巻き込まれる」ということがありますので、皆さん、注意しましょう。ホントに。

 

 

***************************************

 

昨夜、『わたし、定時で帰ります』を見て、思うところがあったのですが、それはまた今度。

 

ですが、賤ヶ岳八重が休職を願い出て熊本(だっけ?)の夫とその実家の下に行く、と言う展開になりましたが、昨今では夫が田舎の親の介護の為に帰郷し、妻が仕事を休職して、夫の下に行くと言う事例が出ている模様です。

 

この老親の介護の問題は、既に経験された方もおられるかと思いますし、これから経験するかも知れない方もおられるものと思うことから、何れ、簡略して、私(たち)の母の介護生活体験記を記したいと思います。

 

***************************************

 

ただ、八重の夫が結婚記念日に帰京して八重に会いに来たシーンには感動しました。

 

夫婦間の『記念日』。いいですよね。

 

私たち夫婦も「結婚記念日」を大切にしています。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190605084459j:plain

 

毎年、結婚記念日には私が神さんにプレゼントを手渡し、「ありがとう。これからもよろしくね」と言います。

 

他にも「出会い記念日」もありますし、「ファースト・デート、ファースト・キス、ファーストH記念日」もあります。これらの3つが同一日になってしまったのがアレなのですが、まぁそう言う記念日もあります。あと、「プロポーズ記念日」。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190605085143j:plain

 

でも、今、この歳になって振り返ってみると、毎日に何かがあったことから、「毎日が記念日」とも言えます。

 

例えば、私が2度目のうつ病でゲロゲロ状態になった時には、神さんと子どもたちがいてくれたことから難を逃れたのですが、それを思い出した時には、神さんを誘って美味しいものを食べに行きます。なんてったって女性はイチに食い気なのですから。

 

また神さんが母の介護生活で奮闘してくれたことを思い出した時にも、美味しいものを食べに行きます。自分の親の介護を一生懸命に頑張ってくれたのですから、当然ですよね。

 

昨夜の『わた定』で八重が「結婚って、相手の人生を背負うことなんだよね」と言っていましたが、そうだと思います。

私だって神さんのお義父様が病気になった時には、東京と地元を行った来たしたものです。また、神さんの両親が夫婦喧嘩の果てにお義母様がこのド田舎の家に駆け込んできたり。(笑)

 

私たち夫婦は昨年、銀婚式であったことからいろいろありました。でも、派手な夫婦喧嘩だけはしたことがないんですよ。理由は、『神』である神さんが怒った時には、私に至らぬことがあったのでしょうから、私が直ぐに素直に「ごめんなさい」と謝るからです。

 

神さんは、幼い私を可愛がってくれた母方の祖母(私が小1の時に他界)が引き会わせてくれた女性だと思っています。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190605091546j:plain

 

そんな神さんと「記念日」を大切にしながら生きていきたいと思います。

 

 

神さん・ラブ。