5月・真夏日の神さんの衝撃(2)、私も衝撃。

昨夜の『白い巨頭』最終回での岡田准一の演技は良かったです。ただ、財前が淡々と死に向かう唐沢バージョンの方が遙かに良いと思いました。しかし、昨日、神さんに言われて気づいたのですが、田宮バージョンも含めると、『白い巨塔』、昭和・平成・令和と制作・放送されているんですね。すごいな。

 

***************************************

 

昨日はアコギ2本の弦が死んだことから真夏日のなかを楽器店に行き、2本分の弦を買ってきました。帰宅すると神さんが電話で大きな声を出したり、声を荒げたりしていました。(東京とかの友人に何かあったな)と思いながら、別室で2本のアコギの弦の交換をしていました。

弦の交換を終えると、リビングの神さんの声が聞こえませんでした。

矢吹丈になったな・・・・・)と私は思いながら、リビングの神さんの元に行きました。そうしたら案の定。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190527082714j:plain

 

「真っ白に燃え尽きているね」と私は神さんに声をかけました。私はコーヒーを炒れて神さんの前にコーヒー・カップを置きました。虚ろな目の神さん。

ただ、神さんの話を聞くと、私もびっくり。

 

神さんの大学時代の友人にHさんと言う女性がいます。Hさんは私たちの結婚披露宴にも来てくれ、また神さんはさいたま時代に何度かHさんを家に呼んだことから、私もHさんのことを良く知っていました。神さんとはゼミで一緒でした。Hさんは頭脳明晰・容姿端麗・性格円満・品行方正で、良き旦那さんをお持ちで、良い家庭を築いて幸せそうでした。

 

そのHさんが夫の件で土地・家屋を失い、離婚をしたらしいのです。ホント、私もびっくり。Hさんの夫は良くできた人だったからです。子どもが一人いましたが、社会人になっていたから、かろうじて子どもの学費・養育費の面では難を逃れたとのこと。

 

それで神さんにはHさんではなく、共通の友人であるMさんと言う人が電話をしてきました。

それで、Mさんの話を順を追って聞くと。

数年前にHさんの夫が自己啓発セミナーに参加したとのこと。

私はこれを聞いただけで、(カ▲トか・・・・・)と思いました。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190527084722j:plain

 

カ▲トが自己啓発セミナーを行えば、早ければセミナー当日に、遅くても3回くらいまでに、集まった異性同士に深いチークダンスをさせます。

そして、ここからはカ▲トによって方法が異なってくるのですが、場合によってはチークダンスを踊らせた異性同士に性関係をもたせます。どうやらHさんの夫はこのケースだった模様。人間というものは快感・快楽原則で生きていますから、それを利用します。

ですが、私は

「待って。あのできた旦那さんがそもそも何で、自己啓発セミナーなんかに行ったの?」と私は神さんに訊きました。すると何でも会社で信じていた部長に裏切られて、他の者を後任にされたことがショックだった模様。(あっちゃ~。会社あるあるなんだけれども)と私は思いました。Hさんの夫は本当に真面目で良い人なのですが、融通が利かない側面があると私は思っていました。

 

それでHさんの夫はよりカ▲トに洗脳され、カ▲トにのめり込んで行ったらしいのです。ただ、こうしたカ▲ト問題はバブルの時期(私の学生時代)から問題視されており、カ▲トも今ではあの手・この手で手法が複雑化しています。Hさんの夫の場合、一気呵成にではなく、年月を跨いでじんわりと攻められた模様。だから、妻であるHさんも気づけなかったらしいのです。因みにHさんは結婚後も仕事を続けていたから、夫がきな臭い状況に陥っていることを見抜けなかったとのこと。

 

そしてHさんが夫の異変に気がついたのは、夫への消費者金融からの返済の督促。

その時点でHさんの夫は自分の預金を失い、借金まみれだったとのこと。

あとは地面師の様な者が背後にいるような気がしてならないのですが、Hさんの知らないところで土地・家屋が人手に渡っていて退去を命じられたらしいのです。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190527092038j:plain

 

また恐ろしい話は、Hさんの夫が複数の女性を妊娠・出産させ、その子どもに対する養育費の請求までが来たとのこと。

 

「ちょっと待って。それは旦那さんの不倫になるから、Hさん自身までは危害が及ばないよね。むしろ、不倫の角で旦那さんに慰謝料請求権が発生するよね?」と私は訊きました。

ところが神さんに電話をしてきたMさんによると、Hさんは中学校の同級会に出た際に、初恋の男性と再会をし、その男性に誘われて一夜限りだったものの性関係をもってしまい、何とそこを相手側に押さえられていたらしいのです。

(カ▲トって、妻の動きまで四六時中見張っているものなのか?)と私は唖然としました。

 

またMさんも詳しい事情は分からないものの、Hさんも財産のあらかたを失う状態になったらしいのです。それでHさんは長年勤めた会社を退職して、退職金を何かの返済金に充当することになったらしいのです。

 

「Hさんのことだ。当然、弁護士に相談をしたと思うけれども、何で・・・・・」と私は呟きました。

 

***************************************

 

「洗脳」。怖いです。

 

私は猜疑心が強い性格ですが、東京のA社・B社に勤めていた頃も、東京・さいたまに住んでいた頃も、このド田舎に帰省してからも今日まで、そうした方面には特に注意をしています。

 

ですが、人間、メンタルが弱くなった時に隙いってくるものがあります。

 

本当に怖いです。

 

 

 

神さん・ラブ。