5月・真夏日の神さんの衝撃

 

昨日は神さんの夏の衣類を買いに、ラブラブと街のデパートの婦人服売り場に行きました。

 

私たち夫婦は、この婦人服売り場と紳士服売り場で「名物夫婦」。店員さんも丁重に接してくれます。

 

そして服を買った神さんも、また私もホクホクで、家に怖い段ボール箱があることを忘れていられました。

 

そうしたら、婦人服売り場の下のフロアーで、長身で垢抜けた美人が。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190526080607j:plain

 

神さんが、「あら、Tちゃん!」と笑顔でその女性に気づきました。そして二人は挨拶を交わしました。

 

私とその女性も挨拶を交わし、神さんによるとその女性は、娘が中学生・高校生の時に通っていた剣道道場の先輩で、娘が中2の時に彼女は高3で、若い女子部で年長者であったことから、見事に若い女子部のリーダーを務めていたと言います。そして彼女はお茶の水に本校がある有名大学の政経学部に進学したそう。

 

私は二人につもる話があるだろうと思い、そのフロアーにカフェがあることから、二人にカフェで話すことを促しました。

そして私は一人でコーヒー専門店に行き、アイス・コーヒーを飲んでいました。

(全面禁煙じゃなきゃ、いい環境なんだが。喫茶店と言うのが死語になって、カフェになった意味がよく分かる)と思いながら、アイス・コーヒーを飲んでいました。

それから私は、また

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190523083145j:plain

 

を思い出してしまいました。

(俺、沢尻エリカの妖艶な演技に負けて、ファンになったのかな? O2アリーナ、レッド・ツェッペリン再結成ライブにおける沢尻エリカの「ZEPファン」発言を完全に許してしまったのかな? いや、それではジミー・ペイジに対して失礼だ。またZEPを愛するなら、沢尻エリカを完全に許してはならない、半分は許しても)

 

意味があるのか無いのか解らないことを考えていました

 

(いやいや。沢尻エリカなど、スベタだぞ。さっきのあの長身で颯爽とした女性と比べたら、売女も同然。『白い巨塔』の放送が終わったなら俺は健全に黒木瞳に戻るだろう)と思いました。本当に意味があるのか無いのか。

 

そしてアイス・コーヒーを二杯飲んで、コンビニ前で一服つき、(女子会も頃合いだな)と思い、デパートのカフェに行きました。

すると神さんが沈痛な面持ちでうつむき加減で一人でテーブル席にいました。私は(?)となり、神さんに相対して座り、ホット・コーヒーを注文しました。

「玲ちゃん、どうしたの?」と私が訊くと、神さんがどんよりした目で話をしました。

 

すると、何でも、私が5/6に書いた『対価500万円の恋』での、都の西北大学・所沢校舎のアホ男の元妻が彼女だったらしいのです。私は

(だから、このド田舎、狭いんだよなー)と顔をしかめました。

 

神さんが言うには、やはり元夫に愛想を尽かしていた彼女の計画的行動だったらしいとのこと。

「不倫現場の写真、6枚じゃ、そうだよね」と私。

 

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190526090150j:plain

 

「でも何でこのド田舎の純粋な武道少女だった人が、そんなに計算高くなれたのかな?」と私。

すると何でも、その女性は元夫のことを心から愛していて、(子どもができたら、生まれたらチャラ男も直るかも知れない)と期待をもったそうな。しかし、それでも不倫三昧の夫にキレて、先の計画的行動に出たらしい。

「じゃあ、何であんなデキたような人が、そんなチャラ男に惚れるもんかね?」と私。

そうしたら、何でも『初めての男』で、しかも自分を伴侶に選んでくれたことから余計に惚れてしまったそうな。

 

私は冷めたコーヒーを一気に飲んで天井を見て大きな息を吐いた。

「そりゃあ、最終的には恨み辛みに発展するよな。彼女としては子どもが生まれてもチャラ男の夫にキレて豹変もするわな」と私。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190526091527j:plain

 

「まぁ、玲ちゃんの友だちのお母さんには同情するけれども、そんなチャラ男に甘言を弄されて不倫をしてしまった娘さんも悪いんだよ。

この三つ巴の戦い、勝者はあの人(元妻)だな。

だけど面白くないのはチャラ男だな。親のコネ入社だからまだ島流しにあっていないんだから。それでチャラ男には離婚事由に自分の不倫というのがくっついても、女に途切れがないんだよなー。まぁ聞いた話じゃ、相手はチャラ子・させ子ばかりになるらしいけど」と私。

 

私は神さんを促して席を立ち、昨夜は私特性のカレーライスをつくり、神さんは笑顔で

「美味しいです、美味しいです」と食べました。

女性はいちに食い気。美味しいものを食べると復活します。

 

年頃のお嬢様をお持ちのそこのお父さん、お嬢様には不倫などしないよう教育をして下さい。「俺の娘は大丈夫」などと侮るなかれ。私たち世代をして昔、【ウチの子に限って】と言われたものでしょう? そう。ウチの子に限ってなんです。

私は昨夜、娘に電話で今回の出来事をキチンと話しました。

 

 

 

神さん・ラブ。