5月・真夏日の怪奇現象!

 

(¬ ¬)・・・・・・・←私

 

(・・)・・・・・・←神さん

 

(¬ ¬)・・・・・・

 

(・・)・・・・・・

 

(¬ ¬;)・・・・・・

 

(・・;)・・・・・・

 

 

***************************************

 

実は去る5/21に、4/8に記した従兄の妻君弁護士が親しくしていると言う女性弁護士さんから、『資料』を段ボール一箱で送られてきたのです。

さすがに私はもう神経がもたないことから段ボール箱を開けずに、土間の近くに置いておきました。当然、私は

 

(― ―;) となりながらも電話で丁重に御礼を申し上げました。妻君弁護士さんにも。

 

放置プレイに徹しているのですが、しかし何やら我が家のリビング付近に強烈な異物が入り込んだようで、私と神さんは大いに困っています。

 

その段ボール箱を開けて、資料を読もうものならば、私は廃人化しそうで怖いのです。

 

 

どうしたものか・・・・・・。

 

 

***************************************

 

それでですね、昨日はこのブログを記してから電気料・ガス料・他多数の家計費の口座引き落としが近づいていることから、真夏日のなか私は郵貯・銀行に行き、家計費の預け入れをしに行きました。神さんは朝から家の掃除。

 

そんでもって、昼食、私は外で、と言うことから馴染みのカフェに行きパスタを食べました。

それでパスタを食べ終えアイス・コーヒーを飲んでいた私はふと

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190523083145j:plain

 

思い浮かべてしまったのです。あと、不謹慎などと言わないでほしいのですが愛人のAとRのことも。AもRも夜の蝶であることから、連想してしまったのです。

 

実はAとRもいろいろ背負っているんですよ。Aは都の西北大学法学部卒、Rは横浜国大・経済学部卒。それで二人とも親から、卒業後にはUターンすることを条件に大学に行かせてもらったのです。こういう保守的な親が多いんですよ、このド田舎。父親としては娘可愛さの余りなのでしょうが。それで仕方なくAは県庁に、Rは市役所に入ったのですが、二人とも地頭が抜群に良かったことから、おとなしく地方公務員などやっていられません。そして、親子喧嘩の果てに公務員を辞め、家を飛び出し、夜の商売を始めたという共通する経緯(いきさつ)があります。ただ、二人とも公務員を辞めても東京とかに出なかったのは、『親を看取るのが務め』としているからです。

まぁAもRもやり手です。店を法人化しているだけでなく、多角的な事業を営んでいますから。

Hちゃんは渋谷に本校をもつ有名私大(やたらと駅伝が強いあの大学)の経済学部卒ですが、まぁ、Uターンして民間企業で頑張っています。

 

 

***************************************

 

そして昼食を食べ終えた私は家に戻り、掃除を終えた神さんとグループ・ホームにいる母に会いに行きました。

 

その帰りに、私たちはレコード店に行き、無事、ジョン・コルトレーンの『Soultrane』オリジナル盤をゲット! 

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190525084426j:plain

 

オリジナル盤で高かったことから、今月の私の小遣いが足りなくなり銀行へ。

 

そして銀行のATMでお金をおろそうとしたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ATM、壊しちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピコーン、ピコーン、ウイーン、ウイーン!

 

とサイレンが鳴り、壊れた(指定した金額を押したらATMがガガガッ! となって動かなくなった)ATMから突然、ザザザッ! と途方もない量のお札が!

 

(/゜▽゜;)/  ←私

 

(・・;) ←神さん

 

そして現れた警備員と行員とその責任者。

 

「あ、あのワタクシ、何もしていないんですぅ! 本当ですぅ!」

 

と私。神さんはどんぐり眼(まなこ)で、昔、薬局の前にあったケロヨン人形のように頷いた、コクコクと。

 

「あー、またですかぁ。また壊れてしまったんですねぇ」

と責任者が言い、胸をなで下ろした私たち夫婦。

 

***************************************

 

「まさか、段ボール箱が、開封してくれ、開封してくれ。そして書類を読んでくれ。と言っているんじゃないよね・・・・・・」

と私。(¬ ¬;)

 

「ひょっとしたら、そうかもです・・・・・・」

と神さん。(・・;)

 

私たちはどうすべきなのか。

 

 

 

神さん・ラブ。

 

 

追記

 

大事なことを書き忘れてしまいました。

 

AもRも大学卒業後に、この地元の地方公務員になった訳ですが、上意下達が全ての職場で、自治体が誤った行政を行っていても反対意見を言うこともできず、保守的・封建的な人間関係にまみれて、加えて二人とも有名大学卒であることからパワハラモラハラが酷く、さらにはセクハラまであったことで、マジで激しいうつ病を患ったことから公務員を辞めたと言う経緯があります。