対価500万円の恋

昨日、このブログを書いた後で「はてな」のトップページで『慰謝料600万円の恋』と言う記事を目にとめ、読んだのだが、私は(あるあるなんだよなぁ)と思った。

そして、暫くして神さんから電話が来て帰りが午後になると言う。私は「羽を伸ばしておいで」と言った。

 

***************************************

 

私がギターの練習をしていると、神さんが14:00頃に帰ってきた。

何でも、子どもたちが帰京した後で、駅で神さんの小中学校時代の友人女性と旦那さんが新幹線の切符を買おうとしている姿を見かけたらしい。(どうして、ここに?)と神さんはびっくりしながらも友人女性に声をかけたとのこと。

その女性と神さんは普通に仲が良かったくらいで、中学校卒業後に神さんが会ったのは同級会も含めて7回目だそうだが、その女性は憔悴しきっていたらしい。旦那さんも。

神さんの姿を見たその女性は目に涙を浮かべたことから、旦那さん共々、神さんは近くのカフェに誘った。

 

すると、何でも娘さんが妻子持ちの男性と不倫をして、相手の元奥様(このド田舎出身とのこと)にお詫びと慰謝料の件で来たらしい。

 

私は話をここまで聞いて、Kさん、Hさんと言う素晴らしい硬派なカリスマ女子の話のお陰で、どこまでも続く青い空と彼方に水平線が広がる紺碧の海を見ている気分から警察署の遺体安置所にいる気分に変わった。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190503080015j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20190504084057j:plain

      ↓

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190506073915j:plain

 

だが、私は夫として神さんの話しを聞くことで、神さんと苦楽を分かち合う必要が、義務がある。それが愛というものだ。

 

何でも娘さんは某旧制一期校を卒業した後で、東京の有名企業に総合職で入ったのはいいが、その後で部署は異なるものの、既婚者の先輩男性と恋に落ちたらしい。何でも男性の方から、妻が子どもを出産する為にこのド田舎に帰省している間に迫ってきたらしい。(あるあるなんだよなぁ)と私は思った。

妻が子どもを出産し、東京に戻っても、男は「バレないから」と甘言を弄し、その言葉に惑わされた娘さん。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190506075809j:plain

 

ところが、娘さんが有給休暇を取った日に内容証明郵便が送られてきて、送り主は弁護士事務所。封を切った娘さんは慰謝料の請求書と探偵とかが撮ったと思われる密会の写真6枚と弁護士が書いた便箋を見たとのこと。慰謝料の請求主は男の妻。

 

娘さんが男に電話をしたら

「何かバレてたみたいだね。俺にも慰謝料の請求が来たよ。でも、これですっぱり妻と清算して、君と一緒になれるよ」と言ったそう。

その脳天気な言葉に娘さんは激怒したらしい。が。時、既に遅し。

そこからは修羅場が展開され、慰謝料500万円の或る程度を娘さんの親が負担し、そしてこうやって元妻の元にお詫びに来た、と言う展開。娘さんは地方に飛ばされたと言う。ただ、男は都の西北大学卒だが、世間からはアホの烙印を押されている所沢校出身。親のコネ入社であったことから、まだ飛ばされずにいるそうな。

 

ただ、その男の浮気癖は元々あったらしい。

私は直感的に閃いたのだが、それは、その元妻が、ひょっとしたら、以前から夫に愛想を尽かしていて慰謝料をふんだくる為に計画的に今回の浮気をさせたのではないか、と言うこと。

それを話したら神さんは目を丸くしたが、友人女性と夫の言葉を反芻し

「その可能性もありますね」と言った。

大体が密会の場の写真が6枚というのは多すぎる(ような気がする)。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190506083616j:plain

 

女は魔物でもある。

 

普通、6回もの不倫の現場を探偵とかに押さえさせたなら、その途中で夫に対して怒りを爆発させるはずだ。だが、その元妻は、6回の不倫の現場を押さえた後で行動に出た訳だが、それが私には引っかかるのだ。

 

***************************************

 

まぁ、何にせよ、若い女性は不倫を慎むべし。

 

対価500万円の恋はイタい。また、親は娘さんを勘当するそうな。

 

 

 

神さん・ラブ。