時代も変われば人も変わる(2)

昨日、ブログを書いてから神さんと話し合い、Sさんの自宅のPCに私の意見をワードに書いて送った。

それから夜に、神さんはジャズ・ピアノ講師の仕事で不在だったから私のスマホのLINE電話が鳴り、Sさんが御礼を言ってくれた。

そうしたら、離婚問題の話の延長で、何でもSさんの知人で、e★c★teの「恋のお悩み相談」とやらで電話でのカウンセリングをしている女性がいて、そのお悩み相談の話を聞いた。

 

***************************************

 

その女性カウンセラーさんへの相談内容で最も多いのが、不倫の恋らしい。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190417092320j:plain

 

会社の内外を問わず、既婚男性と不倫に走る女性が多いとのこと。

 

私は直ぐに閃くものがあった。

 

「不倫はねぇ、女性にとってスリリングなものだから、そのスリルが激しい絶頂を女性にもたらせるんですよ。その激しい絶頂に女性は虜になってしまう。故に女性は不倫から抜け出せなくなるんですよ」

と私が言ったら、Sさんはカウンセラーさんもそう言っていたと言う。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190417093347j:plain

 

「既婚女性のW不倫だってそうですよ。夫との行為では得られない絶頂を経験しちゃいますから」

と私が言ったら、やはりカウンセラーさんもそう言ったらしい。

 

「要は、『意見』にも書きましたが、21世紀に入って益々女性が強い時代になった。益々女性が強くなると同時に女性の性がオープンになってしまった、悪い意味で。そこに雑誌やネットの情報に振り回されて、周囲の状況に振り回されて、不倫に走ってしまう女性が多数現れる。でも、なかには美女、可愛いコもいるんだろうけど、顔が並み以下の女性が少なくない。顔が並み以下だと、そうそう普通の恋愛対象にしてくれる男が少ない。だから、不倫、ともなる。既婚男性だって、顔が並み以下の女性だろうが、刺激を求めるが故に『下半身に人格なし』となってしまう。私の東京の友人が言っていました。もっとも、そいつは美人な奥さんをもっていますから、顔が並み以下の女性などアウト・オブ・眼中で、それなりに清らかですが。美女とだけ少々不倫をしたようですけれど。

何にしても、悪い方向に女性の性がオープンになったことがありますよね。Sさんなら分かると思いますが、昔の男が不倫をしても相手はいわゆる夜の蝶でしたよ」

 

電話の向こうで頷くSさん。

 

だが私は

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190417095245j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20190417095321j:plain

 

(あ~! 何だぁ!? この俺の今の外での相手が夜の蝶で、首都圏の男どもは美人なキャリア・ウーマン? ムカツク!!)

 

と心のなかで大声を上げた。

 

「まぁ、ともかく、我々世代の女性と違い、余りにも自由奔放な恋愛を謳歌している若い女性たちには、何れしっぺ返しが訪れますから」

 

電話の向こうで頷くSさん。だけど、突然

 

「昔、玲から聞きましたが、Hさん(←私)、玲の前につき合った7人の女性、全員が処女だったんですよね、玲もですが。もう時代が違うんですよねー。私だって、夫が初めてでしたから」

 

私はギクッとした。そうなのだ。昔、私が神さんと出会う前につき合った全ての女性が処女だった。但し、一夜限りの女性を除いてであるが。

 

昔は『処女性』という言葉があった。ロスト・バージン後に男性と交際しても、その男性オンリーで清らかな女性でいると言う。風の便りで聞くと、私が高校時代から交際した女性たちは皆、処女性を大切にし、幸せな結婚をした(している)と言う。

だが、今では女子会で「斬った男の数」の発表会らしい。

 

そして、Sさんによると、そのカウンセラーへ相談してくる男性の悩みで最も多いのが、『つき合っている恋人女性の過去が余りにも経験豊富過ぎる』ことらしい。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190417102723j:plain

 

私はSさんに女性から過去のことを素直に話したのかどうかを訊いた。何故なら、Sさんの離婚問題書類での女性たちは明らかに経験人数について嘘を言っている様に見受けられたからだ。

 

するとケース・バイ・ケースで、脳天気な女子があっけらかんと話すこともあれば、本人が、或いは親が、探偵会社を使って女性の過去を洗ったり、恋人の友人女性から恋人の過去を聞いたりしたらしい。恋人の友人女性から恋人の過去を聞いたのが一番多いようだ。

 

私は大きなため息をついた。

 

「私たちや、Sさんの世代までの男は女性とベッドを共にした際に、それだけで女性が経験豊富か否かを見破ったものなんですよ」と私が言ったら

「夫もそう言っていました」という返答。

 

何でもカウンセラーさんは、それが気になっているようであれば女性と別れる様にアドバイスをするらしい。そりゃそうだ。

 

そこで電話を切ったが

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190417104942j:plain

 

私の首都圏の友人たちが言う。

「婚前交渉(←死語・・・・・)が少ない者同士が結婚したら上手く行くよな」と。

当たり前のことだが、この当たり前のことを今の若い世代は見破れない。

 

 

神さん・ラブ。