Sさんからの依頼事・他

昨日Sさんが来て、駅まで迎えに行った私たち夫婦はSさんをまだ桜が咲いている名所に連れて行きました。桜、満開を過ぎていますが、それでもキレイな桜の下で小学2年生に戻ったかのような神さんとSさん。そのはしゃぎぶりが、とても可愛いらしかったです。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190414090153j:plain

 

 本当はその場で撮った写真があるのですが、神さんから載せるのを却下されたことからお許し下さい。

 

それから我が家に来てSさんを接待。まぁ、女子二人でもかしましい、かしましい。私は夜に温泉旅館で三人で食事をした時のことに不安を覚え、あらゆる場面での対応策を考えていました。

 

そしてSさんが和やかな雰囲気を崩すことなく、手提げバッグから書類を取り出して私に手渡しました。

何でも勤め先の弁護士事務所で、離婚相談・調停等を担当している女性弁護士さんとチーフの弁護士さんが、「どうなってきているんだ!」となって、Sさんに意見を求めてきたそうです。Sさんは何でも、女性の自分だけではなく、然るべき第三者の男性の意見をも踏まえた方が良いと言い、その然るべき第三者の男性がこの私になったとのこと。

 

(_ _;)・・・・・・・

 

となりましたよ、わたしゃあ。だって従兄の妻君弁護士さんからの書類を頑張って、頑張って、その全てに目を通したばかりなのですから。そこへ・・・・・・。

私はSさんに、「ドロドロしたものはありませんよね?」と訊きました。

 

(^▽^) 「32件、全部、ドロドロしています」

 

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190414093224j:plain

 

 

と明るく爽やかにSさんは答えた・・・・・・。

けれども神さんの大切な友人からの依頼であることから、私は承諾しました。

神さんは (*^―^) 私とSさんのやりとりをにこやかに見ていました。

但し、日限を私の方で決めさせて頂きました。神経が疲れますから。

何か、3月から私は厄月に陥っているようです。あ、皮切りは宇宙戦艦ヤマトの夢」か。

 

何か、私は桜の花見をしている気分から、側溝清掃をしている気分に変わりました。

 

 

***************************************

 

そして私が予約を取った温泉旅館に行き、温泉に浸かり、夕食。

この地元の食材を活かした料理がメインですが、これが美味しい。Sさんと神さんも「美味しい、美味しい」と。

しかし、ビールを皮切りに、地酒を飲む神さんとSさん。私は車で帰ることから、ジンジャ。そして、Sさんと神さんはできあがり、はっちゃけだしました。年は行っていますが紛れもなく東京の颯爽とした美女であるSさんのイメージがここで崩れます。神さんと二人、アルコールを飲んだ小学2年生と言うべき状態・・・・・・。

 

そうしたら、私は初耳でしたが、神さんとSさん、二人は幼稚園で一緒にピンク・レディの「渚のシンドバット」を歌い踊ったらしく、二人で「渚のシンドバット」をやりました。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190414095250j:plain

 

すごい! 歌を覚えていることもすごいですが、振り付けを身体が覚えているのだそうです。

 

そして私は帰宅。神さんは旅館にSさんと一緒にお泊まり。

 

 

***************************************

 

私は帰宅してからSさんから渡された書類の一つに目を通しました。

 

すると、或る独身女性が上司と交際をしていました。ところが、その上司は別の会社の女性と恋に落ち、結婚。その女性は、まぁ捨てられたということになるのでしょう。

ですが、この世で最も怖いのは女です。それをその男性は知らなかった。

その男性が結婚をして暫くが経ってから、部下の嘗ての恋人女性が接近してきました。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190414100411j:plain

 

「下半身に人格なし」と昔、よく言われていましたが、その男性は本能を抑制すべきだった。その男性は、その元カノとまたもや関係をもってしまいました。

ところが、それは元カノの罠だったのです。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190414100744j:plain

 

その元カノは、数度にわたる、男性との行為を終えた後の写真を男性の妻に送りました。新婚なのに不倫に走った夫、しかも元カノ。妻はもう怒り心頭。妻は、離婚だけでなく、元カノに慰謝料を請求。元カノは慰謝料を払いました。

それだけでなく、元カノは社内で自分と男性のことが噂になるようにしむけたのです。

男性の上司である部長は、男性のスピード離婚と社内の噂から男性を問いつめ、男性に白状させ、課長の座を剥奪し、男性を島流しにしました。

元カノは退職。

これは、元カノが男性と差し違えることを目的にしたもの。

ただ、書類にそうは書かれていないものの、男性は間違いなくバカだったのだと思います。チャラ男だったのかも知れません。「ノリ上手の別れ上手」ではなかったのですから。

 

Sさんからの一つ目は、ただ男を呆れるだけで終わりました。二つ目からはどうなるのか。