53テレキャスターを買いました

昨日は彼岸入りであったことから、午前中に神さんとトト様のお墓掃除等々をしてきました。

 

その帰りにきんどーさんの家の前に近づくと、きんどーさんご夫妻の姿が。きんどーさんも仕事を休み、ご夫婦でやはりお墓掃除等々をしてきたとのこと。私と神さんはきんどーさんご夫婦に招かれ、昼食を頂きました。きんどーさんのイギリス人の奥様が炒れる紅茶は殊の外に美味しく、神さんはホクホク。

 

それからきんどーさんはお宝のビンテージ・テレキャスターを試奏させて下さいました。

1950年のブロードキャスターから。

いや、びっくり。53年まではネックが太く、音に厚みがありゴリゴリと鳴ります。

ジミー・ペイジがツアー中に台なしにされたドラゴン・テレキャスターの代わりに、75年に手に入れたテレキャスターは53年製とされており、77年USツアーではメイプル指板のままで弾いていますが、写真を思い出すとネックが太い。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190319085140j:plain

 

きんどーさんはローズ指板&アッシュ・ボディの59テレキャスターにドラゴン・ペイントを施したからオーダーしなかったものの、東京の友人がオーダーしたことから(無論、CS製)、その友人が購入したら試奏してみるそうです。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190319085808j:plain

 

うーん、マスター・ビルダーであるポール・ウォーラー監修の上にジミー・ペイジの名前が冠され、限定製品。120万円か?

 

そして帰宅してから、私はため息をついたのですが、私の前に座った神さん。笑顔で

「貴方、もう買ってしまった方が勝ちですよ」と言いました。

 

実は地元の楽器店にFender CSの53テレキャスターが入り、それを試奏して気に入っていた私。ネックも音も太く、ゴリゴリと鳴りました。

 

私は神さんに背中を押され、二人で楽器店に行き、53テレキャスターを買いました。

但し、店主に

テレキャスストラトもハナからCSのものを勧められていれば、散財すんだのに」と釘を刺しました。

 

そして晴れて我が家に来た53テレキャスター

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190319090945j:plain

 

私はそれまでテレキャスターのリアの音が好きになれなかったのですが、このテレキャスターではリアの音が良い!

これで「ノーバデイ・ノーズ・ユー」「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」を弾くと、もう最高。

ジミー・ペイジテレキャス大好き人間、ジェフ・ベックテレキャス好きである理由が解った気がします。

 

テレキャスターも慈しみながらギターの練習に励みます!

 

 

追記

 

東京で試奏して気に入ったテレキャスターは、51年のノーキャスターでした。