神さんの大きなコンプレックス

昨日は私、つい悪のりをして書いてしまいました。まぁ全て、実際に生じた話なのですが。

ただ、私は神さんがもっている大きなコンプレックスを完全に忘れていました。夫として、男として失格です。猛省しました。

 

***************************************

 

昨日は私がブログを書いている間に、互いに干渉しない時間に入り、神さんは読書をしていました。

その後で私は神さんが私と一緒に遠出をしたいという雰囲気を察知しました。それで私は海に行き、その後で他県の100万人都市に行こう、と提案し、「はい」と神さんは笑顔で応諾しました。

私たちはポルシェ930ターボを大改造したRUF・BTRをかっ飛ばして、海に行きました。

 

海の近くに二人で腰を下ろし、大海原を見ていました。

その時に私は、つい悪のりをしてブログを書いてしまったことに気づき、「ごめんなさい」と謝りました。「いえ、全然気にしていませんよ」と神さん。

神さんは優しい。神さんの優しさと海風に包まれた私は、心のなかで何度も(ごめんなさい)と謝りました。

 

***************************************

 

神さんにも大きなコンプレックスがあります。

 

それは、彼女は誰もが認める美女なのですが、顔立ちが少々キツク感じられること。そこに彼女は大きなコンプレックスを覚えているのです。これはまだ結婚する前、2度目のデートの際に、神さんが打ち明けました。私は「そんなことないよ。君がそう気にしていても、俺は全然気にならないよ」と答えました。

 

ここで書いてしまいますが、昨日のブログで写真撮影に当たって、神さんに詐欺メイクを施した大きな理由は、担当編集者とかスタッフとかが彼女の顔立ちにキツさを感じたからだと思うのです。また、本来の彼女は肩で風切るいなせな女性ですが、演出家の様な男性が

「もっと女性らしく柔和な雰囲気で」等々の注文を出していました。

 

それで娘が小学1年生の時に、こんなことがありました。

それはPTAの席上で、訳の分からない大威張りで女帝気分の母親がおり、他の母親がその人に閉口していました。その時、私は過重労働から解放されつつあったことから、仕事を休んで神さんと一緒にPTAの席に出たのです。すると、その女帝

 

肥大化したドラえもん

 

が(なるほどな)と思うほど現場で威張り、教諭陣をも困らせていました。私は頃合いを見計らって神さんにGOサインを出しました。私たちはその肥大化したドラえもんをやっつける作戦を立てていたのです。

そして神さんが席を立ち、肥大化したドラえもんに150キロ超の剛速球、ストライクばかりよろしく、冷静に、されど要所要所で声を大きくして、そのドラえもんが大きな錯覚の塊であることを攻撃しました。

すると、その肥大化したドラえもん、ちょっと後ずさりをした後で

 

大きな鳴き声を上げて逃げ出しました。

 

これは神さんの(私はそうは思わないのですが)顔のキツさをも利用した作戦。少々顔立ちがキツイ美女が怒って正論での文句を言おうものならば、同性である者は敗北を喫します。

この後、肥大化したドラえもんはPTAの席上でおとなしくなったそうですが、こうした副作用を伴いました。それは他の母親たちから神さんに対し「あの人は怒らせたら怖い」と思われること。

「はぁ、またですか・・・・・・。」 何でも神さんは小学校の頃からそう思われてきたというのです。ですが、小学校は元より学生時代に親友もできた神さん、ママ友もできました。

 

その後、さいたま市に引越をした後でも娘や息子のPTAの席上で勘違いオバチャンがいたようで、私が「やっつけなよ」と言った勘違いオバチャンを神さんはやっつけたそうです。でも、ママ友もかなりできました。

 

ですが、神さんは自分の顔のキツさにコンプレックスを抱いていることは相変わらず。自分の顔が嫌い、とさえ言います。そんな彼女に、私とデートする時に限ってサングラスをかけることを提案しました。神さんはレイバンとかのナス型の黒いサングラスがよく似合い、彼女も気に入り、私とデートする時にはよくサングラスをかけるようになりました。私も元々、ナス型のサングラスを愛用しているのですが、時々『危ないアベック』と思われるようです。

 

***************************************

 

昨夜は隣県の100万人都市のホテルに泊まり(今朝早く帰ってきました)、スポーツ・ブラをしてきた神さんはスマホで自撮りをしました。私は(?)となりました。

 

そして一緒にベッドに潜り込んでキスをした後で、神さんがこう訊いてきました。

 

「2011年の時と比べて、私の体型が変わったことを知っていますか?」

 

「肩胛骨と胸骨が大きくなり、骨盤も大きくなって、それに比例してウエスト廻りが少々増えたよね。人間の骨は3年で生まれ変わるらしいから。でも、俺は今の君の方が大好きだよ」

 

「知っていましたか」

 

「当たり前だよ。君の身体を一番知っているのは俺だよ」

 

そう言った後で、再度キスを交わし、私は彼女のスポーツ・ブラとショーツを脱がせ、愛撫を始めました。彼女は淡く切ない吐息を漏らしだしました。

 

***************************************

 

人間の骨は3年で生まれ変わるらしいのですが、それによって神さんの体型も変化しました。加齢による変化はそこから生じます。

しかし、私は、20代の彼女の体型よりも30代の体型の方が、30代の体型よりも40代の体型の方が、2011年の体型よりも今の体型の方が、大好きです。年月を経るごとにいっそう神さんは素敵になっていると思いますし、いっそう神さんのことを好きになります。

 

頭骨もまた然りで、それによって若い頃と比べて劣化した芸能人もいます。

 

例えばこいつ。甲斐よしひろ

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190317120141j:plainf:id:JBL-JIMMYPAGE:20190317120214j:plain

 

私は今の甲斐よしひろを見ると、決まってこれを思い出します。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190317120434j:plain

 

がきデカ』のこまわりくん・・・・・・。

 

頭骨があらぬ方に生まれ変わって劣化した芸能人は悲劇です。

 

***************************************

 

それで神さん、帰宅してからスマホの写真を私のPCに送りました。

 

「今日のブログには今の私の体型の写真を載せて下さいませんか? 昨日、8年前の私の写真から私の体型が変化したこと。さもないと

 

『その他モロモロ・サギサギ法』で私は逮捕されちゃいます。

 

よろしくお願いしますね」

と笑顔で言った神さん。「はい」と私。

 

まぁ、自分の顔立ちにコンプレックスをもっている神さん。顔は写していませんでしたが、これが2019年3月の神さんです。

 

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20190317122209j:plain

 

神さん・ラブ。