エレキ・ギターは、先ず、CharとEric Claptonに学ぼう

本日、2度目の投稿です。

 

私はよく知らないのですが、今、全米チャートを賑わせているのって、ギターに無縁なゴミだそうで?

アメリカに行ったら(イギリスでもそうでしたが)NY、LA等のラジオではうんざりするほどLED ZEPPELINがオンエアされていました。もう、勘弁して、というくらいに。

また、Gibson本社に行く為にナッシュビルに行ったら、ストリートではアコギでの弾き語りをする人々、広場ではバンドでエレキ・ギターをプレイする人々が多かったものです。

それで、エレキ・ギターをプレイする人々は、皆、ペンタの使い方が巧く、驚きました。敢えて名を秘す極東の島国のエレキ・ギター若者とは大違い(プロも入るな)。

そして、数名のエレキ・ギター奏者と話をしたら、(ギター・スクールに通っているものの)ペンタ修得の為に、エリック・クラプトンジェフ・ベックジミー・ペイジをみっちり研究しているらしいのです。第1期JBグループでのジェフやZEP(ペイジ)の場合、ペンタ一発と捉えてはコースアウトするのでは? という私の問いに、彼等・彼女たちは、スクールの講師がペンタのみでやりやすい様にスコアを書き直してくれる、と言いました。本当に、敢えて名を秘す極東の島国のエレキ・ギター講師とは大違い。

 

ナッシュビルのホテルで私は考えました。

 

アメリカ人は、皆が皆ではないだろうが、ペンタの使い方が巧く、ブルージーに、それでいてフィーリングだけだがフュージョンっぽさまで活かしている)、と。さらに私は

(あんまり師匠[私のギターの師匠]にも迷惑かけられんしな。独学で突破するしかない)、と。

 

そうなると、ペンタの使い方が正統派でリズム感も正統派なギタリストを研究するしかない、と思い、先ず頭に浮かんだのが当然

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20181115151325j:plain

 

エリック・クラプトン

 

あと

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20181115151422j:plain

 

Char。

 

エリック・クラプトンは前にも書いた様に、エレキ・ギターを学ぶ者なら必ず押さえておく必要があるギタリスト。

 

そして、Char。

とにかく、ペンタの使い方が滅茶苦茶、巧い! 日本にCharあり! 偉大!

Charと渡辺香津美さん、ペンタのみで勝負したら香津美さんが負けるであろうほどに、Charは巧い。

先に、私は、Charと交流があった人からCharがラリー・カールトンを完コピしたらしいことを書きましたが、曲はスティーリー・ダンの「キッド・シャールメイン」かも知れない、という話を聞きました。

Charは天才なところに大の練習好きだから、「キッド・シャールメイン」一発で、自分のギター・フレーズにフュージョンっぽさを加えることが可能だったのでしょう。

「キッド・シャールメイン」のスケールはともかく、Charのギター・プレイを研究するべきでしょう。

 

ブルース・ギタリストならいざ知らず、ロック・ギタリストで、正統派なペンタの学習教材になるギタリストって少ないんですよ。特に、1987、88年のバンド・ブーム以降に出てきた日本のギタリストどもは、ザコ。ゴミ。

 

ペンタをできるだけモノにしたい、使いこなせるようになりたい、最大の理由は自分のフレーズにブルージーさ(セクシーさ)を加えたいから。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20181115153903j:plain

 

Charさん、日本にいてくれてありがとうございます。勉強させて頂きます。