マーチン D28

皆様、本当にご無沙汰しておりました。

 

この数ヶ月間、公私ともに多忙を極めて、更新を怠ってしまいました。

 

改めて、宜しくお願い致します。

 

何か、私のIDって解りにくいと思いますので(JIMMY PAGEを尊敬しているからですが)、私のことをMeacy(マーシー)と呼んで下さいね。Meacyとは、私のニックネームです。

 

本当に、この数ヶ月間、いろいろありましたが、ギターや音楽創作等々への関心が薄れた訳ではなく、極めて多忙であったことから、むしろ逆に、ギターや音楽創作等々への関心がいっそう強まりました。強力に。

 

この間、我が愛器のギターが少々、変わりまして、そのギターくんの紹介をしたいと思います。

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160612114339j:plain

 

ありゃ、間違えた。これは、昨年7月に購入したマーチンD28(1973年製)です。

 

私ら世代は、先ず、マーチンが好きな人が多いです。

以前、記した、GAROでマークがD45を主に使用し、トミーがD28等々を用い、ギター・サウンドをつくっていましたが、私はD28が大好きでした。

 

1973年製のD28を運良く買えましたが、この頃のマーチンは経営危機にありながらも今では考えられない良い材質を用いています。

 

もう、激鳴りです。

 

ただ、その後(この数ヶ月間の間)に、新品のアコギを購入してD28ともどもに弾いていたら、D28のネックが少々順反りしていることが判りましたので、近日中に楽器店に持って行き、ネックを直してもらいます。

 

ですが、D28を抱えますと、どうしてもLED ZEPPELINの“Baby、I'm Gonna Leave You”の練習をしてしまいます。

 

私は小6の1月に、LED ZEPPELINのファースト・アルバムを買って聴き、“Baby,I'm Gonna Leave You”に衝撃を覚え、(ロック・ギタリストたるもの、アコギも達者じゃなくてはいけない)、と、JIMMY PAGEから教わりました。

 

そうした原体験がありますから、“Baby、I'm Gonna Leave You”の練習をやってしまいます。

 

ただ、私は、マーチンを抱えてもギブソンの様に弾いてしまいます(笑)。

 

アコギ、1本を取っても、ギターは奥が深くて楽しいです。

 

頑張って練習しまーす!