エリック・ジョンソンはすごい!

いや、2015年夏に突然、ギターに目覚めて以来、エリック・ジョンソンの名前は知っており(Fenderからエリック・ジョンソン・モデルが出ているじゃないですか)、You Tubeで彼の曲を聴いたはずですが、その時はピンとこなかったのでしょう。 それで、昨年の夏…

ギターはテクより音と味で勝負

いやー、去る5/18に書いた『ジミー・ペイジのギター・テクニック』を今、読んだら、中身があるじゃないですか! 私がギター関係について書いたのは、2年前8月下旬の『ジミー・ペイジに対する風評被害』が最後だった訳ですが、この間における私のエレキ・ギ…

本当に巧いギタリストはエフェクターに頼らない

本日、2度目の投稿です。親指を除く左指4本の先がギターの練習の為に痛くて、故にギターを夕方まで持ちたくないのです。練習をサボろうものならば、明日のレッスンで師匠に怒鳴られます。怖ひ。 私は、米英のギタリストたちもそうですが、90年代に入ってか…

ジミー・ペイジの手癖について

今日は、ジミー・ペイジの手癖について語りたいと思います。 よく、ジミー・ペイジについて、「手癖が強い」、と言われます。 私には、昨年からエレキ・ギターの師匠がおりまして、その師匠についてエレキ・ギターの練習に励んでいます。 それで、その師匠か…

ジミー・ペイジのギター・テクニックについて

今回はジミー・ペイジのギター・テクニックについて、記したいと思います。 雑誌『ロッキン・オン』で、ジミー・ペイジについて、「ギター・テクニックについては何ら語ることがない」、と、或るロック評論家が語っていましたが、きっとその者は私以上にギタ…

オーディオもギターも国産はしょーもない

本当に久々の投稿になります。 今日まで公私ともに様々な出来事があり、多忙を極め、ブログにまで手が回りませんでした。 ですが、どんなに忙しくてもギター(エレキ、アコギ)の練習は怠りませんでした。 久々のブログですが、少なからず過激なタイトルにな…

LED ZEPPELINとは1つの音楽ジャンル

今日は、LED ZEPPELINについての総論を書いてみたいと思います。 ZEPPファンをして、アコースティックを前面に押し出した『Ⅲ』以外、ZEPPを「ハード・ロック・バンド」として、極めて狭い枠組みでとらえている愚者が多いことが、筆者を腹立たせています。 ジ…

ジミー・ペイジに対する風評被害

よく、ジミー・ペイジに対して、「ギターが下手」だと言う者が多数います。 確かに1980年代の10年間は余りに酷く、普段ギターの練習を怠っていることが露見されました。 されど、私は1975年USツアーから顕著になるジミー・ペイジのギター・プレイの衰えには…

私の愛するギタリスト

前に私は、私が尊敬する日本人ギタリスト3名を挙げました。 そこで今回は、私がモロに影響を受けたギタリスト4名を挙げます。 余りにお約束で申し訳ないですし、またいつかこの4名は、それぞれ稿を改めて記したいと思います。 先ず、ジミー・ペイジ。 ブ…

Gibson サザンジャンボ シェリル・クロウ・モデル

はい。今日は、また私の友を紹介したいと思います。 今日は、Gibson サザンジャンボ シェリル・クロウ・モデル。 私は高校生の頃までは強力なマーチン派でした。 私の住む地域では、当時、楽器店にGibsonはJ45しかなく、今のJ45は決してそんなことはないので…

アストゥーリアスのエレガット・ギター

去る2月に私はジャズをセッションするお店に行き、そこでエレガット・ギターの存在を初めて知った旨、書きました。 某SNSでお友達になってくれているジャズ・シンガーさんたちの写真を見ていて、ガット・ギターを手にしているギタリストたちを目にし、私は…

ジョン・レノン・モデル、マーチンD28

いやいや、また更新を怠ってしまいました。 父が仏様なことから、お盆はビッグ・イベントになりますので、また、作曲の為に多忙でした。けれども、何でお盆の約1ヶ月後に秋のお彼岸があるのでしょうか。祖先の霊を弔う仏教思想は良いと思うのですが、お盆と…

SONAR そんなーっっっ!!!

だああああ~っっっ! またまた更新を怠ってしまいましたーっっっ! 人間、生きていれば、生活をする訳ですが、その生活の糧を得る為に多忙でしたっ! 確か、私はこのブログの初めの方で、MTRのBOSS BR-800で曲づくり、或いは録音する旨、記しましたが、諸処…

マーチン D28

皆様、本当にご無沙汰しておりました。 この数ヶ月間、公私ともに多忙を極めて、更新を怠ってしまいました。 改めて、宜しくお願い致します。 何か、私のIDって解りにくいと思いますので(JIMMY PAGEを尊敬しているからですが)、私のことをMeacy(マーシー…

私が大好きな日本人ギタリスト

洋楽ロック世代である私は本当なら、「私の好きなギタリスト」として英・米のギタリストを挙げるべきかと思います。 ただ、それだとあざといので、私の「大好きな日本人ギタリスト」を挙げてみたいと思います。 先ず、Char(竹中尚人)。 Charと言えばムスタ…

音の決め手は、スピーカー

私はオーディオが大好きです。大好きな音楽を良い音で聴くと、とても楽しくなります。 私は、故あって、高校生の頃から、JBLのLA15A・ウーファー2発(Wウーファーですね)に、オーディオの至宝であるコンプレッション・ドライバーのJBL・375をミッドに、ホ…

早くボーカリストを卒業したいです

当ブログの最初の記事で、ギターを再開した旨、記しましたが、実は私、バンドマンでして、ボーカリストを務めています。 場所は、首都圏ではない日本の片隅で。 そんな私ですが、何故、ギターを再開したかと言いますと、第一に、ギターが好きだから(笑)。 …

LED ZEPPELIN 『永遠の詩』

皆さんは、このCD、またはレコードによって人生を変えられた、と言う経験をお持ちではありませんか? 私の場合、LED ZEPPELINの『永遠の詩』です。 小学6年生の夏休みに入って間もない時期に、クラスメイトの友人宅に遊びに行ったのですが、その友人がラジ…

日本の企業は従業員をナメている!

と、言うタイトルで始まりましたが、私がサラリーマンをやめた顛末を記します。これが音楽ネタに直結すると思います(多分)。 私がブログの最初に記した様に、1990年代とは、「仕事をできる人間は、死ぬ直前まで使え!」、と言う本当に荒っぽい時代でした。…

エレ・ガット・ギター Yairi CE-3

昨日はブログを書く時間がありませんでした。 昨夜は、私が住む街にあるジャズ・バーに行きました。 初めて入ったお店なのですが、人伝に、客がジャズのセッションをするお店である話を聞いたからです。 実際にそう言うお店で、私が住む田舎街にも「こういう…

結局は紙媒体(BOOK)~CD、DVD付き~から、練習スタート

今日は写真をアップしないことを予めお伝え致します。 私の昨年、夏からのギター練習の進捗状況が芳しくない大きな理由は、以下の事柄によるものが大きかったのです。 世の中、便利になり、「初心者でも弾ける! ~何々」、と言うDVDが多数、発売されており…

早すぎたフォークロック・グループ、GARO

今日、2度目の投稿です。 皆さんは、70年代半ばまでに大人気だったフォーク・グループ、GAROをご存じですか? リアルタイム世代も若くて50歳でしょう。 GAROは1971年にデビューしまして、堀内護(愛称、マーク)、日高富明(同、トミー)、大野真澄(同、ボ…

じみーちゃん・LAST ・STAND(じみーちゃんは、ついに立つ)

皆様、初めまして。JBL-JIMMYPAGEこと、じみーちゃんです。 これまでの人生において、様々な紆余曲折を経て参りましたが、「これまでの人生において、やり残してきたことはないか?」、と、自問自答した結果、ギターやバンド活動と言った音楽活動が出ました…