LED ZEPPELINとは1つの音楽ジャンル

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20161020135223j:plain

今日は、LED ZEPPELINについての総論を書いてみたいと思います。

 

ZEPPファンをして、アコースティックを前面に押し出した『Ⅲ』以外、ZEPPを「ハード・ロック・バンド」として、極めて狭い枠組みでとらえている愚者が多いことが、筆者を腹立たせています。

 

ジミー・ペイジは、LED ZEPPELINは、「天国への階段」において、何故、自分たちは音楽をロックをプレイするのかを説明した後で、アルバム『Ⅳ』のB面での「ミスティ・マウンテン・ホップ」、「フォー・スティックス」、「レヴィー・ブレイクス」において、新たな音楽の創造に入っているのです。

 

その後、ジミー・ペイジは新たな音楽の創造について、ジョン・ボーナムが好んでいたファンク・ミュージックにその活路を見出しました。

 

そして、ボンゾのドラミングをぶっとく前に押しだし、大胆にファンクを取り入れたアルバムが『聖なる館』。

 

もともとLED ZEPELINとは、ブルース・ロックを展開した『Ⅰ』の段階からファンクの要素が入っていました。

ボンゾが大のファンク好きなことからボンゾのドラミングが跳ねていますし、それに触発されてかジョンジーのベースも跳ねていますし、ジミー・ペイジのギターも音のエッジが立っていました。

 

そうしたLED ZEPPELINが『聖なる館』において、「クランジ」でファンクを前面に押し出し、「ダンシング・デイズ」、レゲエの要素を取り入れたつもりが結果としてファンクになってしまった「ジャメイカ」もファンクですし、「永遠の詩」、「丘の向こうに」、「ジ・オーシャン」も極めてファンキー。

 

これが、大成功を収めました。

 

続く『フィジカル・グラフィティ』での新録曲では、ファンクとブルースの融合を試みて大成功させました。

「カスタード・パイ」、「死にかけて」、「トランプルド・アンダー・フット」、「ワントン・ソング」、「シック・アゲイン」がそれです。

 

また、この『フィジカル・グラフィティ』で、『Ⅲ』のアコースティックで展開したカッティング・ギター・リフを再度用いて出来上がった名曲が「カシミール」。

 

この『フィジカル・グラフィティ』における2つの要素が、LED ZEPPELINの最高傑作のみならず、ロック史における不滅の金字塔である『プレゼンス』の登場を約束したのです。

 

『プレゼンス』では、ファンクとブルースの融合を昇華し、カッティング・ギター・リフを活かしまくり、他の何ものでもない、「LED ZEPPELN」という音楽が展開されています。

 

“結果として”音がハードになっただけのことであり、上記のことから、LED ZEPPLNを「ハード・ロック」と狭い枠組みに収めることは誤りであり、「LED ZEPPELN」という1つの音楽ジャンル、と捉えることが正しいのです。

 

1つの音楽ジャンルを形成したミュージシャン、バンドは、LED ZEPPELN、マイルス・デイヴィスビートルズ、プリンスしか存在しないからこそ、LED ZEPPELNは今尚、世界中で現在進行形の音楽として聴かれつづけているのです。

ジミー・ペイジに対する風評被害

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160827112814j:plain

 

よく、ジミー・ペイジに対して、「ギターが下手」だと言う者が多数います。

 

確かに1980年代の10年間は余りに酷く、普段ギターの練習を怠っていることが露見されました。

 

されど、私は1975年USツアーから顕著になるジミー・ペイジのギター・プレイの衰えには、或る確信犯めいたことを思っています。

それは、1975年USツアーに出る直前にペイジが左薬指を骨折したのですが、そのままツアーに出てしまったが為に、左薬指の骨か神経に後遺症を残してしまい、1977年USツアーから左薬指の動きが悪くなった、と言うことです。

 

あと、ついでに書いておきたいことに、指の治療に専念することなくツアーに出てしまったことで、Hには強力な鎮痛効果もあるが故に、とんでもない薬物依存に陥ってしまいました。泥沼の。

 

それで、アドリブ弾き大好きなペイジ。しかし、77年USツアーのブート音源を聴くと、左薬指を起点に相当乱れていることがよく分かります。もっとも、77年USツアーでは泥沼の薬物依存の為にギターを弾くよりロック・スターを演じていますが。

 

この薬指を起点に運指が目茶苦茶になり、右のピッキングも合わせられない、と言うことは1983年のARMSコンサートの動画で確認できます。

 

また、2007年のO2アリーナでのZEPP・リユニオンの前にペイジは左中指を骨折しましたが、それは多分本当で、「貴方を愛し続けて」のギター・ソロに入る際、薬指と中指が動かず、(うっ! 速弾き、できねー)、となり、スローに展開し難を乗り切ったことでも確認できます。

 

ですが、1996年のペイジ/プラント来日公演において、ペイジはZEPP・全盛時代の様に弾きまくっていたことから、練習をすれば(ペイジにとって、ライブをこなすことが練習というのが悲しいですが)、ペイジは復活することが証明されています。

 

では、1973年までは、となりますが、確かにジミー・ペイジは、確実性の面において同時代の名手たちに及びませんでした。

しかし、それが却って、LED ZEPPELINの楽曲、ライブの大きな魅力になっていたのです。「ハート・ブレイカー」のギター・ソロがリッチー・ブラックモアの様に流暢に展開されたら曲がぶっ壊れてしまいます。

 

ただ、それでも1973年までのジミー・ペイジは充分に上手い部類に入ります。

昔、日本のロック・ギター評論家が、「ペイジは5枚目のアルバムまでは予め作曲をしてギター・ソロを弾いていた」、などと妄言を吐いていました。私は、5枚目までのギター・ソロについて、ペイジの手癖の延長で成り立っていることから、(ジミー・ペイジはアドリブで弾いて、3テイクくらい録って、そのなかから1番合っているものをミキシングしていたんだ)、と思っていたのですが、私が正しかったことは、1990年にジミー・ペイジがプロモーションで来日した際のインタビューで証明されました。

即ち、ジミー・ペイジとは、日本のアホなロック・ギター評論家に、ギター・ソロを予め作曲していた、と錯覚させるほどにドンピシャのギター・ソロをアドリブで弾ける能力を有していたと言うことです。

こんな凄いロック・ギタリスト、他にはいません。

 

ジミー・ペイジは紛れもなく、天才ギタリストなのです。

私の愛するギタリスト

前に私は、私が尊敬する日本人ギタリスト3名を挙げました。

 

そこで今回は、私がモロに影響を受けたギタリスト4名を挙げます。

余りにお約束で申し訳ないですし、またいつかこの4名は、それぞれ稿を改めて記したいと思います。

 

先ず、ジミー・ペイジ

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160826103214j:plain 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160826103318j:plain

ブレーン型(プロデューサー肌)の天才ギタリスト。

かと言って、ZEPPの曲を完コピしようものならば、本当に大変。

ジミー・ペイジの手癖、タメ(間)等々まで完コピしないといけないのですから。

よくジミー・ペイジについて、何やかや言う人間がいますが、そうした者たちの誰もが「天国」のギター・ソロをそっくりに弾けない。

YouTubeで多数の外人さんが「ベスト・ギタリスト」を選んでジミー・ペイジを上位に挙げていますが、皆、分かっているんですよ。(ジミー・ペイジとは、あのLED ZEPPELINの楽曲を築き上げたギタリストだ)、ということを。

 

次。ジェフ・ベック

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160826104318j:plain

 

この人は凄い。60年代~80年代までも偉かったのですが、1999年に10年ぶりに復活したら、あのジミ・ヘンドリックスと同じ地平に立っていました。

新作、「ラウド・ヘイラー」を聴いても凄く、未だに現役で、プロ・アマを問わず多数のギタリストにインスパイアを与えてくれる存在。

 

3番目。エリック・クラプトン

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160826104732j:plain

ECの場合、私は少々複雑。クリームやデレク&ザ・ドミノスのライブ盤を聴きますと、「神だ」、と思うのですが、私が小6の時(1977年・昭和52年)に初めてECの「スロー・ハンド」を聴いた時には少々、失望しました。「ジャスト・ザ・ワンナイト」ではアルバート・リーの方が遙かに弾けており、苦しかったです。

私が、CharやChaboさんの様に、クリーム、リアルタイム世代であれば、エリック・クラプトン・ストーリーが出来上がるのでしょうが、クリーム追体験組であることから、そんなストーリー、ありません。

 

ですが、そのEC、アル中を克服した後での1985年から、相当変わったことに気づき、1986年から復活し、1987年の日本武道館ライブはもう大いに感激しました。

確かにクリーム時代の様には弾けていないことは事実です。

それでも大いに満足で、私は、「ギターの神様、復活!」、と喜んでいました。

1993年の来日公演は、もう白眉の出来。

 

ところが、そのEC、復活も1997年までだったのです。

1999年から明らかにエレキの練習をサボりだし、来日するごとに酷くなっていました。それでも1986年から今年の来日公演まで、私は皆勤賞なのです。

ですが、クリームやデレク&ザ・ドミノス時代、1986~1997年までのECは本当に素晴らしいと思います。

 

4番目。ジミ・ヘンドリックス

 

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160826110413j:plain

やっぱ、偉大ですよ。

 

4人とも小6の時に聴いた訳ですが、だからこそ、この4人は永遠不滅の輝きを放っています。

Gibson サザンジャンボ シェリル・クロウ・モデル

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160826093124j:plain

はい。今日は、また私の友を紹介したいと思います。

今日は、Gibson サザンジャンボ シェリル・クロウ・モデル。

 

私は高校生の頃までは強力なマーチン派でした。

私の住む地域では、当時、楽器店にGibsonはJ45しかなく、今のJ45は決してそんなことはないのですが、当時のJ45はかなり低音よりで、しかも鳴りが荒々しすぎたのです。

そうしたことから、私も友人もマーチン派だったのです。

 

ところが、2004年のこと、私はサザンジャンボを初めて弾く機会を得ました。

そうしたら驚きました。決して荒々しすぎず、それでいて豪快(?)に鳴る音を聴いて、私は強くGibsonに傾倒しました。

 

それで2年前のこと、サザンジャンボを中古で買いました。

私のメインのアコギは73年製D28からサザンジャンボへと移行しました。

 

そして、昨年の夏に地元の楽器店でサザンジャンボのシェリル・クロウ・モデルを試奏し、私が使っているサザンジャンボより音が軽やかで気に入ってしまいました。鳴りは、抜群。

 

思い切って購入しました。

それ以来、この写真のGibson サザンジャンボ シェリル・クロウ・モデルが私のメインのアコギとなって活躍してくれています。

 

ですが、先に紹介した友、73年D28もジョン・レノン・モデルのD28も本当に良く、Gibsonとマーチンを交互に弾きますと、それぞれの良さがよく分かる、と言った具合です。

 

LED ZEPPELINジミー・ペイジは、ZEPP初期にハミング・バードを手にした写真、SJ200でプレイする動画を見かけますが、私はこのサザンジャンボでZEPPのアコギ・ナンバーを弾きますと、妙に音がマッチしている気がして嬉しい限りです。

 

或る雑誌でロック・ギタリストのエレキとアコギの関係についてエリック・クラプトンが大々的にフィーチュアされていましたが、1992年の「アンプラグド」のメガ・ヒット以来、ECがライブでもアコギを多用することになったことから、それは当然かも知れません。

 

けれども私たち世代は、Char同様に、ZEPPの「Baby I'm Gonna Leave You」を聴いて、(ロック・ギタリストたるもの、アコギも達人でなければいけない)、と、ジミー・ペイジから教わったのです。

 

エレキ同様にアコギも猛練習しまーす!

アストゥーリアスのエレガット・ギター

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160823101406j:plain

去る2月に私はジャズをセッションするお店に行き、そこでエレガット・ギターの存在を初めて知った旨、書きました。

 

SNSでお友達になってくれているジャズ・シンガーさんたちの写真を見ていて、ガット・ギターを手にしているギタリストたちを目にし、私は、普通のガット・ギターかと思っていました。ですが、それらはエレガットだったのですね。

ジャズ・シンガーさんたちはマイクを使って歌いますから、普通のガット・ギターでしたら音量で負けてしまいますから。

 

そんなことから、去る3月上旬に、写真のアストゥーリアスのエレガット・ギターを購入しました。中古でお値段は9万円強。

 

このエレガット・ギターで「アルハンブラの想い出」とかを弾きますと流石にしょーもなく、泣きそうになりますが、ネックがアコギ並みに細いことからボサノバ・ギターの練習には最適です。

 

また、ジャズのスタンダード・ナンバー集のスコアを買ってきて弾きますと、やはり様になります。

 

それで、たまに私は、上記のジャズ・セッションのお店に行って、ジャズ・ボーカルの歌伴をしたりしています。

 

あとは、ボサノバ・ギターの練習。

ボサノバは、歌もそうですが、もうリズムの塊であることから、バック・ビートも意識しながら弾きますので、リズム感を養うのに最適であることを知りました。

 

ですが、ボサノバ・ギターはまだまだ練習中。まだ人前で弾けるような技量を有していません。

けれども、ジャズのスタンダード・ナンバーをこのエレガットを用いて、自分なりにアレンジを施して弾く楽しみもあるので、それをジャズ・セッションのお店でプレイしています。

 

ギターって、本当に奥が深くて、楽しい楽器ですよね。

ジョン・レノン・モデル、マーチンD28

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160822194140j:plain

いやいや、また更新を怠ってしまいました。

 

父が仏様なことから、お盆はビッグ・イベントになりますので、また、作曲の為に多忙でした。けれども、何でお盆の約1ヶ月後に秋のお彼岸があるのでしょうか。祖先の霊を弔う仏教思想は良いと思うのですが、お盆と秋のお彼岸の間に時間がないのには困ります。はぁ。。。

 

あとは、毎日、ギターの猛練習に励んでいることも更新を怠った大きな理由です。

 

もう、ギターの練習が楽しくて楽しくて、仕方がありません。

 

エレキ、アコギ、エレガットでのボサノバの修得等々、練習に燃えています。

 

今日は、新たな友を紹介したいと思います。

写真のジョン・レノン・モデル、マーチンD28。

 

本物のジョン・レノン・モデルはサイド・バックがハカランダであると思われますが、それを気にさせないほど、鳴りが抜群に良かったのです。

 

昨年はジョン・レノン、生誕75周年ということで、マーチンがD28のジョン・レノン・モデルを作った訳ですが、発売は今年早々らしく、お値段が120万円強のスペシャル限定モデルは即完売。日本には3本が入荷されたらしいのです。

 

それで、写真のジョン・レノン・モデル、マーチンD28は、悪く言えば、その廉価版になるのでしょうが、やはり限定品で、私のD28のシリアルNOは22。そう、阪神時代の田淵の背番号! そして、楽器店で試奏したら、音に微かな煌びやかさがあり、その上で、音がパーン! と、前に出てきました。

私は、前に紹介した73年製D28を愛器としていることから、購入の思案をしたものの、60万円強を支払って購入しました。

先月の18日、海の日のことです。

 

やー、買って、良かったです。

73年D28が、70年代風情の重みのある鳴りをするならば、このジョン・レノン・モデルは、少々軽やかにはじくような鳴りをします。

 

エレキもそうですが、やはりギターというものは、「ギターの箱自体が鳴っている」ものが良い個体ですね。

 

さて、これからジョン・レノン・モデル、マーチンD28でオープン・チューニングを用いた曲の練習をします。

SONAR そんなーっっっ!!!

f:id:JBL-JIMMYPAGE:20160718114831j:plain

 

だああああ~っっっ! またまた更新を怠ってしまいましたーっっっ!

 

人間、生きていれば、生活をする訳ですが、その生活の糧を得る為に多忙でしたっ!

 

確か、私はこのブログの初めの方で、MTRのBOSS  BR-800で曲づくり、或いは録音する旨、記しましたが、諸処の事情から、SONARのプラチナムに変え、悪戦苦闘しております。

 

そうは言っても、6/30に購入し、約5時間半をかけたインスト作業をし、7/7にアディクティブ・ドラムを決めて録り、今日の今し方、ベースを録っただけです。

 

BR-800をオーディオ・インターフェースに活用していますが、BR-800の操作だけでもヘヴィなところにSONAR・プラチナムですから、さっぱわややの状態。

むん。でも、この歳になってのハイテクへのチャレンジ、頑張ります。

 

地元の楽器店の店長さんには、操作で解らないところをTELで教えて頂き、心から感謝しています。

 

でも、最初から本番ものレコーディングなど不可能、不可能。

 

先ずは、テンポ・100のブルース・ナンバーをアバウトながら制作し、SONAR・プラチナムに慣れたいと思っています。

 

でも、BR-800の機能で、ギターの音をベースの音に変換できるのは、ありがたかったです。

ドラムに合わせて、曲を意識しつつ、ギターを単音で弾けば、それなりのベースが形になるのですから。

 

ともかく、頑張りますっ!